メルセデス・マイバッハブランドで初のEVとなる、新型「メルセデス・マイバッハ コンセプトEQS」が世界初公開されました。超高級電動SUVとなりますが、どんなコンセプトカーなのでしょうか。

マイバッハ専用のコンテンツを表示するMBUXを搭載

 独メルセデス・ベンツは2021年9月5日、新型「メルセデス・マイバッハ コンセプトEQS」を世界初公開しました。メルセデス・マイバッハブランドで初のEVとなりますが、どんなクルマなのでしょうか。

 新型メルセデス・マイバッハ コンセプトEQSは、2022年の量産開始が予定されているメルセデス・ベンツブランドの「EQS」SUVをベースとしたモデルです。なお、EQSのSUVは一充電航続可能距離が約600kmというスペックを予定しているとメルセデス・ベンツは説明します。

 外観は、メルセデス・ベンツの電気自動車シリーズ「EQファミリー」の一員であることと、メルセデス・ベンツの最上級車を扱う「メルセデス・マイバッハ」のモデルであることを明確に表現しており、フロントグリルに相当する部分には直立したブラックパネルが配されるほか、マイバッハのマークで装飾されたLEDヘッドライトを装着。

 また、フロントフェイスには「MAYBACH」の表記、直立したメルセデス・ベンツのスリーポインテッド・スター、そしてボンネット中央で縦方向に伸びるクロムメッキのトリムストリップが採用され、これまでの伝統に対する敬意が込められています。

 発表されたコンセプトカーのボディカラーはブラックメタリックとジルコンレッドメタリックの2トーンで、Dピラーもマイバッハのエンブレムで装飾。

 アウタードアハンドルは、ドライバーがクルマに近づくとせり出し、さらに近づくと自動で運転席のドアが開く仕組みとなっていて、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を使うことで後席ドアを自動で開けることも可能です。

 新型メルセデス・マイバッハ コンセプトEQSの内装は、左右独立した後席を備える4人乗り仕様。内装には花瓶が標準装備され、季節に応じた花を挿すことで車内に彩りを与えることができます。

 インパネから車両後部にまで伸びる大型センターコンソールは、大容量の収納スペースも備えていて、食器類を収納できるほか、折り畳み式テーブルや冷蔵室などの個別オプションにも対応しました。

 さらに、インパネ全体に広がるワイドスクリーン「MBUXハイパースクリーン」は、マイバッハ専用のディスプレイスタイルとコンテンツを表示。

 安全に配慮し、運転中にドライバーが助手席側の12.3インチ有機ELディスプレイを見ていることを車内カメラが検知すると、コンテンツに応じてそのディスプレイの輝度が下がるという機能も採用されています。

 新型メルセデス・マイバッハ コンセプトEQSについて、メルセデス・ベンツAGのトップエンドビークルグループ責任者およびメルセデスAMG GmbH取締役会長のフィリップ・シーマー氏は、次のようにコメントしています。

「このコンセプトカーは、最先端のEV技術とMBUXハイパースクリーンを搭載した先駆的なインフォテインメントが、メルセデス・マイバッハの持つクラフトマンシップや最上級のインテリアと見事に融合していることを証明しています。

 緻密に完成されたディテールの組み合わせが、固有のラグジュアリー体験を生み出します。メルセデス・マイバッハは、これからのフルEV SUVシリーズで、ハイエンドセグメントにおける当社のリーダーシップを、電動モビリティの分野にも拡大していきます」