ランボルギーニ「ウラカン」に、「ミウラ」のテイストを散りばめたワンオフ車両が完成しました。英国企業が仕上げた世界にたった1台だけのビスポーク仕様のウラカンを紹介します。

スーパーカーをより個性的に仕上げることが当たり前になった

「世界でもっとも成功したオーダーメイドのエンジニアリンググループになる」という目標を掲げ、2009年に設立されたエンビサージュ・グループ。

 英国のコベントリーに本拠を持つこのグループ企業は、Envisage Concept Design and Engineering(エンビサージュ デザイン アンド エンジニアリング)とEnvisage Technologies(エンビサージュ テクノロジー)、Envisage Classic and Bespoke(エンビサージュ クラシック アンド ビスポーク)という3社で構成されている。

 そんなエンビサージュ・グループが、ハンプトン・コートで開催されたエレガンス・コンクールでワンオフ プロジェクトのクルマを公開した。

●ワンオフで作られた個性的な「ウラカン」

 今回発表された「7X Rayo」とネーミングされたクルマは、写真を見てもらえばわかるように、ランボルギーニ「ウラカンLP610-4」をベースとしたもので、そのコンセプトは7Xデザイン社からの依頼に基づいたものとなっている。

 7Xデザイン社は、顧客の要望に応じたクルマのカスタマイズをおこなっており、顧客のオーダーをデザインスケッチとして起こし、それを3Dレンダリング化したのち、具体的な車両製作へと取り掛かるのだが、そこで高度な技術力を見込まれて製作を依頼されたのが、エンビサージュ・グループだったというわけだ。

 エンビサージュ・グループは、ベース車の0.39というCd値から0.279へと大幅に空力性能が改善された7Xデザインのボディデザインを元に、カーボン素材のボディパネルを製作した。

 このパネルは、モノコックの強度を損なうことなく、下部パネルと一体化するよう製作されている。

 搭載しているエンジンは、300mph(約480km/h)という最高速を目標に、アンダーグラウンド・レーシングがチューニングした、V10ツインターボが搭載されている。最高出力はベース車の610psから1900ps(約1622ps)へと引き上げられた。

 パネルの段差がない美しいエクステリアは、この巨大なエンジンパワーを活かし、最高速を得るための空力面からのアプローチだ。車両の組み立てに3D測定器も利用することで、実際に製造したこの7X Rayoが、コンピュータ上でシミュレーションをおこなったマシンと、0.1mm単位で一致していることも確認されている。

 7Xデザインの創設者であるデビッド・ゴメス氏は、今回の7X Rayoの制作にあたって次のように感想を述べている。

「7X Rayoの素晴らしいボディを実現するために、エンビサージュ・グループ以上のパートナーはいませんでした。私たちのデザインを受けて、彼らはパネルの作成、フィット感、塗装仕上げ、そしてボディの全体的な堅牢性において、非常に高い技術を示してくれました。その品質はOEMレベルであり、私は7X Rayoの開発の次のステージであるパフォーマンスとダイナミクスに磨きをかけることを楽しみにしています」

 また、エンビサージュ・グループのCEOであるティム・ストラフォード氏は、「7Xデザインの素晴らしいRayoに、重要な役割を果たせたことを嬉しく思います。このクルマは非常にエキサイティングなワンオフ作品であり、クライアントのデザインを受けて、そのビジョンを可能な限り高い水準で完全に実現するエキスパートである我々の、有能なチームの仕事を非常に誇りに思っています。

 コーチビルディングは、長い間、エンヴィサージュ・グループの強みのひとつでした。私たちは、ワンオフの車両や少量生産の車両を実現するために、世界の主要なブランドと仕事をしてきました」と語っている。

●仔細に見ると「ミウラ」のテイスト満載

 7X Rayoは、ヘッドライトを見ればウラカンがベースであることは一目瞭然だが、ディテールを仔細に見てみると、「ミウラ」へのオマージュを感じさせる部分が多い。

 たとえば、ヘッドライトには、「ミウラP400」と「ミウラP400S」にあったまつげのようなデザイン処理が施されているのがわかる。フロントノーズを真横から見ると、やはりミウラを意識したラインになっていることもわかるだろう。

 さらに左右のウインドウの後ろからエンジンルームへとつながるエアインテークに施された黒いスリットも、ミウラをイメージしているものであろう。

 ウラカンの折り紙のような直線的なボディラインは、リアフェンダーでは完全にアールの効いたグラマラスな曲線に変更されており、「ミウラP400SV」を彷彿とさせる。マフラー出口の処理もクラシックなデザインだ。

 今回のベース車両は「ウラカンLP610-4」であるが、フロントカウルがミウラのように開く「ウラカンSTO」であったならば、さらにミウラへのオマージュになったであろう。