スバルは、新型「WRX」を2021年9月10日に北米で世界初公開しました。今回のフルモデルチェンジで、WRXはどのような進化を遂げるのでしょうか。

新たに2.4リッターターボを搭載する新型WRX

 スバル新型「WRX」が2021年9月10日に北米で世界初公開されました。
 
「インプレッサWRX」が1992年にデビューして以来、実用性とスポーツ性を併せ持つパフォーマンスカーとして多くのファンから支持されています。

 現行モデルは2014年にデビューしましたが、このモデルからインプレッサの名が外れてWRXとして独立したモデルとなりました。

 そして、今回新型WRXが登場し、北米では2022年に発売されることが明らかになりました。

 新型WRXは、WRXらしさを継承しながらさらなる高みを目指し、パフォーマンスカーとしての価値やセダンとしての実用性がさらに進化。新世代のSUBARU AWD パフォーマンスカーに生まれ変わります。

 先代モデルのエンジンは、日本仕様が2リッター水平対向直噴ターボエンジン(WRX S4はFA20/WRX STIはEJ20)、北米仕様が2リッター水平対向直噴ターボエンジンに加えて2.5リッター水平対向ターボエンジンを搭載。

 新型WRXでは、2.4リッター水平対向4気筒直噴エンジン(最高出力271hp/最大トルク258lb.-ft)を搭載します。

 電子制御技術により、ドライバーのアクセル操作に瞬時に応答し、低回転から力強いトルクを発揮し、スポーツ走行時の加速性能はもちろん、日常的な使用においても気持ちの良いフィーリングを実現しました。

 トランスミッションは、6速MTに加え、「スバルパフォーマンストランスミッション」と名付けられたCVTを搭載。

 スバルパフォーマンストランスミッションは、走りの愉しさをさらに際立たせるスポーツ変速制御を採用し、Dレンジで走行中もドライバーの加減速操作に応じてレスポンス良く変速をおこなう新たなトランスミッションです。

 また、スバルパフォーマンストランスミッションと組み合わされるAWDシステムは、AWDならではの安定性とスポーティな回頭性を両立するVTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)を採用。

 さらに、ドライブモードセレクト機能を備えたグレードでは、LSDトルクを制御することでさらに回頭性を高めるAWDスポーツモードも設定しました。

 新型WRXはプラットフォームが一新され、同車初の「スバルグローバルプラットフォーム(SPG)」を採用しています。

 これに加えてフルインナーフレーム構造や構造用接着剤を組み合わせることで、さらに高剛性のボディ・シャシとし、ステアリング操作への応答性を高めるとともに不快な振動や揺れを低減して上質な走りを実現しました。

 ボディ剛性の高さを活かして、路面からの入力に対する足回りのしなやかな動きを実現するため、サスペンションジオメトリを最適化。先代モデルに対し実用ストロークを伸ばし、接地性や安定感が向上しています。

 また、モーターアシスト軸と、ドライバーのステアリング操作軸を別軸とした2ピニオン方式の電動パワーステアリングを採用。滑らかで応答遅れのないスポーティなステアリングフィールを実現しました。

 さらに、走る愉しさを最大限に高める装備として、ステアリングやダンパー、エアコンなど、さまざまなユニットの制御を細かく調整できる「ドライブモードセレクト」を一部グレードに装備。

 ドライバーの好みやシーンに応じて、スポーツカーの走りから上質な乗り心地までクルマのキャラクターを大きく変化させます。

 なお、ドライブモードセレクト機能を備えたグレードでは、スポーティさと上質さを両立する電子制御ダンパーを採用しており、路面や車両の状況に合わせてリアルタイムにダンパー減衰力を可変制御し、揺れの少ないフラットな乗り心地を実現しました。

高性能車に相応しい大胆なデザインに一新

 新型WRXは、パフォーマンスカーにふさわしい大胆でアグレッシブなスタイリングで、走りの愉しさを表現しています。

「ダイナミック×ソリッド」をさらに進化させた「BOLDER」というデザインテーマのもと、エクステリアはヘキサゴングリルを起点とした立体的で彫りの深い造形や、ワイド&ローを強調するフロントバンパーのデザインや力強く張り出したフェンダーで、いまにも走り出しそうな躍動感のあるスタイルとしました。

 さらに、フロント・リアフェンダーのスポーツサイドガーニッシュやサイドシルスポイラーなどに、空気の流れを整えるヘキサゴンパターンの空力テクスチャーを採用。

 フロントフェンダー後部、リアバンパー後部にエアアウトレットを設け、パフォーマンスカーならではのデザインとコーナリング時や高速走行時の操縦安定性を両立させています。

 インテリアもスポーティさと先進感を併せ持つデザインを採用。黒を基調にレッドステッチを施した配色で、新型WRXのアグレッシブでスポーティなパフォーマンスを表現しました。

 一部グレードに設定される新設計および新デザインのレカロシートは、先代モデルよりもさらに体格保持性能を高め、スポーツドライビング時のドライバーの姿勢をしっかり保持します。

 さらに、前後席それぞれのショルダールームを拡大し、ゆとりある室内空間を実現。また、ホイールベースの拡大にともない、後席空間を大幅に拡張。座面長やレッグルームの拡大によって、後席乗員もくつろげる空間を確保しています。

 加えて、インパネ中央にさまざまな機能を集約した大型で高精細のセンターインフォメーションディスプレイを配置し、先進的なコクピットを実現しました。

 また、スバルがこだわり続けてきた視界の良さは新型WRXでも継承されており、ドライバーの直接視界をしっかり確保しています。

 トランクは、先代モデルと同様にベビーカーやゴルフバッグが入る容量を確保し、4ドアセダンとして日常的なシーンでの使い勝手も備えました。

 安全面も進化しており、パフォーマンスセダンならではの走りを最大限に愉しめるよう、CVT車に画角を拡大した新世代アイサイトを標準装備し、安心・安全にも磨きをかけています。

 電動ブレーキブースターを組み合わせることで、プリクラッシュブレーキの作動領域をさらに拡大し、交差点での衝突回避をサポート。

 ステレオカメラの広角化によって認識範囲を拡大し、先代モデルでは先行車を捕捉できなかった急なカーブでも追従走行を継続するほか、割り込み車両もより早いタイミングで認識するなど機能が向上しました。

※ ※ ※

 今回世界初公開されたのは、米国で2022年に発売予定のモデルです。

 日本仕様については明らかになっていませんが、米国仕様車のデザインやスペックを見る限り、日本仕様も期待して良いといえるのではないでしょうか。