クルマに給油する際、エンジンを停止させますが、なかにはエンジンを切らないで給油する人もいるといいます。では、エンジンを始動したままの給油はどのような問題があるのでしょうか。

ガソリンの給油中はエンジンを切ったほうが良い?

 クルマの給油時には、エンジンを切るように呼びかけられます。
 
 しかし、なかにはエンジンを始動させたまま給油する人もいるようですが、どのような問題があるのでしょうか。

 近年ではセルフサービスのガソリンスタンドも増加しており、なかにはエンジンを切らずに給油をおこなっている運転者がいるといいます。

 SNSでも「ガソスタでエンジンかけっぱで給油しているの怖い」「エンジンかけっぱで給油している人いるんだね」などの声が見受けられています。

 神奈川県にあるガソリンスタンドのスタッフは、給油時にエンジンを切ることについて以下のように話します。

「フルサービスはもちろん、セルフサービスのスタンドにおいても、給油時には確実にエンジンを切っていただくようにお願いします。

 給油時にエンジンの停止をお願いしているのは、各ガソリンスタンド独自のルールによるものではなく、法律によって定められている義務のひとつであるからです」

 給油時のエンジンの停止については、「危険物の規制に関する政令」の第27条6項において「自動車等に給油するときは、自動車等の原動機を停止させること」と定められています。

 では、そもそも給油時のエンジン停止が義務になっている理由には、どのようなことが挙げられるのでしょうか。

 前出のガソリンスタンドのスタッフは、給油時のエンジン停止の理由について「火事の危険性を減少させるためにエンジンを停止させる必要があります」と話します。

 ガソリンは気化しやすい物質であるため、エンジンを始動していると、ガソリンはどんどん燃焼させられ、気化が進みます。

 さらにガソリンは引火点もマイナス40度以下と低く、静電気などのわずかな火気でも引火する可能性が十分に考えられます。

 つまり、エンジンが始動していることで燃焼され続けたガソリンは気化し、給油時のわずかな火気でも引火する恐れがあるということになります。

 このように、ガソリンの特徴である「気化のしやすさ」と「引火点の低さ」という2点が、給油時にエンジンを切ることが義務付けられている理由です。

 また、エンジン停止時の給油においても、セルフサービスのガソリンスタンドでは、静電気を除去する「静電気除去シート」などが備えられており、触れてから給油を開始するように指示されています。

 また、エンジンを停止させていない状態で給油をおこなうと、万が一クルマが動いてしまった際にガソリンを周囲に撒き散らすことになり、非常に危険です。

 ガソリンスタンドで給油をおこなう際は、確実にエンジンを切り、サイドブレーキまでしっかりとかけるようにしてクルマが動かないように配慮しましょう。

※ ※ ※

 気化したガソリンは空気よりも重いため、地面の近くに滞留してしまうことも少なくないようです。

 そのため、手に持っているライターなどの火気はもちろん、地面にタバコの灰などを落とすことも非常に危険であると考えられます。

 SNSでも「タバコ吸いながら給油とかマジで危ない」「ガソリンスタンドでくわえタバコの人発見、やめてほしい」という声がありました。
 
 ガソリンスタンド内では火気厳禁の表示もされているので、絶対に喫煙などをおこなわないようにしましょう。