2020年7月に世界初公開されたタイ仕様に遅れることおよそ1年、日本でも新型「カローラクロス」が2021年9月14日に発売されました。どんな特徴のあるSUVなのでしょうか。

「C-HR」と「RAV4」の間に位置する新型「カローラクロス」

 トヨタは、カローラシリーズの新型SUV「カローラクロス」を2021年9月14日に発売しました。トヨタが「カローラ初のSUV」と説明する新型カローラクロスは、どんなモデルなのでしょうか。

 新型カローラクロスは、世界に先駆けてタイで2020年7月9日に現地仕様が公開されていて、日本では約1年遅いタイミングでの発売となりました。

 ボディサイズは全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mmで、日本仕様のフロントフェイスは先行投入されたタイ仕様などとは異なるデザインを採用。

 フロントグリル部の面積はタイ仕様から小型化され、SUVらしいダイナミックさや洗練さが表現された外観としています。

 搭載されるエンジンは、カローラクロス用に最適化された1.8リッター自然吸気エンジンで、ガソリン仕様(FFのみ)のほかに、エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド仕様(FF・電気式4WD)が設定されました。トランスミッションはCVT(ハイブリッド仕様は電気式無段変速)です。

 TNGAのGA-Cプラットフォームと軽量かつ高剛性なボディ骨格を採用したことで、SUV特有の車高の高さを感じさせない軽快で安定した操縦性を実現。最小回転半径はクラス最小レベルの5.2mを実現し、狭い道での取り回しにも配慮されたといいます。

 予防安全システムとして、最新版の「トヨタセーフティセンス」を全車に標準装備。また災害時に役立つ給電機能としてアクセサリーコンセントと非常時給電モードがハイブリッド車にオプション設定されました。

 新型カローラクロスの車両価格(消費税込)は、ガソリン仕様が199万9000円から264万円、ハイブリッド仕様が259万円から319万9000円という設定です。

 トヨタのSUVラインナップにおいて「C-HR」と「RAV4」の間に位置する新型「カローラクロス」が、今後どれほどの人気を集めるのか注目されます。

 それではここでクイズです。

 前述のとおり、カローラシリーズでは初のSUVとなる新型カローラクロスですが、じつはシリーズ内に4WDワゴンの「カリブ」という派生車を持つカローラの姉妹車が、かつて存在しました。

 そのカローラの姉妹車とは、次のうちどれでしょうか。

【1】コルサ

【2】カリーナ

【3】スプリンター

【4】コロナ

※ ※ ※

 正解は【3】の「スプリンター」です。

 スプリンターは、初代カローラのスポーティな派生車にあたる「カローラスプリンター」として1968年に登場。2代目からはカローラの姉妹車種としてラインナップされ、セダンは2000年に生産を終了。

 スプリンターブランドの4WDワゴンとして登場した「スプリンターカリブ」は、1982年から2002年まで3世代にわたって販売され、カリブの生産終了でスプリンターシリーズは歴史に幕を下ろしました。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定