日産「GT-R 2022年モデル」が発表され、同時に特別仕様車としてふたつの「T-spec」が設定されました。いったいどのような特徴があるのでしょうか。

ミッドナイトパープルとミレニアムジェイドが復活!

 日産は、「GT-R 2022年モデル」を2021年9月14日に発表するとともに、特別仕様車「プレミアムエディション T-spec」と「トラックエディション エンジニアード by NISMO T-spec」を設定しました。

 特別仕様車「T-spec」はさらなる進化を遂げ、究極の走りを追求。「T-spec」という名称は、「時代を導くという哲学」であり、GT-Rの在り方や、その時代を牽引するクルマであり続けるという願いを表現した「Trend Maker」と、「しっかりと地面を捉え駆動する車両」という開発におけるハードウェアへの考えを表した「Traction Master」から名づけました。

「T-spec」の両モデルには、専用カーボンセラミックブレーキやカーボン製リアスポイラーに加え、ゴールドの専用エンジンカバーと専用バッジ(フロント・リア)を特別装備しています。

 加えて「プレミアムエディション T-spec」は内装も専用コーディネーションとなり、インパネ上部はGT-R NISMOで好評なアルカンターラを使用。上質な雰囲気を演出するとともに、ガラスの反射を抑える効果も期待できます。

 さらに、専用レイズ製アルミ鍛造ホイール(ブロンズ)を採用することでバネ下質量の軽量化を生かして、サスペンションを専用にセッティング。これにより、ホイールリム幅拡大によるタイヤの高剛性化と相まって、軽快でスムーズなハンドリングを実現しました。

 また、走りのパフォーマンスを追求した「トラックエディション エンジニアード by NISMO T-spec」は、専用カーボン製ルーフやカーボン製トランクリッド(トリムレス、本革プルストラップレス仕様)を特別装備。

 カーボン製パーツの採用により、さらなる軽量化を実現したボディが生み出す圧倒的なパフォーマンスを楽しむことができるといいます。

 ふたつの特別仕様車で注目される点として、ボディカラーの新色として「ミッドナイトパープル」と「ミレニアムジェイド」が設定されたことも挙げられます。

「ミッドナイトパープル」は、R33やR34といった歴代スカイラインGT-Rに採用してきた色の進化版です。

 オーロラから着想を得た色カラーであり、見る角度によって、グリーンやパープルが顔を出し、オーロラのようなドラマチックな色変化を感じることができます。

 一方の「ミレニアムジェイド」は、R34スカイラインGT-Rの最後の限定車「Mスペック ニュル/VスペックII ニュル」に設定された色で、乗り心地を重視した同車に相応しい大人の色として開発されたもので、今回の特別仕様車で復刻されました。

 当時と同じグリーンの色調を採用し、静かななかにも存在感のある「洗練された佇まい」を表現。

 さらに強い金属感を持ったグレイッシュメタリックに仕上げることで、GT-Rの存在感を引き出しています。

 価格(消費税込)は、通常仕様が1082万8400円から1463万6600円、特別仕様車はプレミアムエディション T-specが1590万4900円、トラックエディション エンジニアード by NISMO T-specが1788万1600円です。

 なお、特別仕様車2モデルは合計100台限定(予定)の抽選販売となり、抽選の申込期間は、2021年9月15日から9月29日までです。

 GT-R 2022年モデルは、2021年10月下旬より販売を開始します。