ジェームズ・ディーンが事故で他界したときに運転していたクルマとしても有名なポルシェ「550スパイダー」。そのディーンの愛車と1番違いの個体がオークションに登場しました。現在の価値はどれくらいなのでしょうか。

ジェームズ・ディーンの愛車と連番のポルシェ550がオークションに登場

 RMサザビーズが主催する2年ぶりに開催された世界最大級のオークション「Monteley」にて、VAGUEが注目した1台を紹介しよう。

 数あるオークション出品車両の中で今回ご紹介したいのは、1955年型ポルシェ「550スパイダー」。ポルシェにとっては現代に至る重要な名跡「RS(レン・シュポルト)」を初めて名乗ったレーシングスポーツカーであるとともに、若くして逝去した伝説のムービースター、ジェームズ・ディーンを死に至らしめた自動車事故の際に乗っていたクルマという悲しいストーリーでも知られるモデルである。

●ポルシェ初のミドシップ・レーサー、550スパイダーとは?

 1948年の創業から3年後に、早くもル・マン24時間レースにワークスチームを送り込むなど、ポルシェは誕生当初からモータースポーツに積極的にチャレンジしていた。

 しかし1953年までのポルシェの活躍は、リアエンジンの市販モデル「356」を擁した小排気量「GT」カテゴリーに限定され、耐久レースの上位カテゴリーである「スポーツカー」に進出するためのレーシングスポーツカーを持ってはいなかった。

 一方、空冷ボクサー4エンジンなどポルシェの優れたコンポーネンツを流用して、小規模のコンストラクターがレーシングスポーツを製作し、欧州各地のヒルクライムやサーキットレースで活躍し始めていたのだが、中でもエポックメイキングだったのは、フランクフルトの「グレックラー(Glockler)」が1951年に少数製作したミドシップのスパイダー/クーペ。このモデルの成功に触発されたフェリー・ポルシェ博士ら、創成期のポルシェ技術陣によって開発され、1953年のパリ・サロンで発表されたのが「550スパイダー」だった。

 ごく初期のワークスカーをのぞいては、エルンスト・フールマン博士の設計した空冷水平対向4気筒4カムシャフト、通称「フールマン・ユニット」をミドシップに搭載。シンプルで効果的な鋼管ラダー構造フレームにトーションバー式サスペンションを搭載したスパイダーの重量はわずか550kg(初期型)で、驚くべきパフォーマンスと敏捷性を発揮した550スパイダーは、スポーツカーレースの1500ccクラスでは無敵のマシンとなってゆく。

 たとえば、開発の遅れたフールマン・ユニットの代わりに356用OHVを搭載して出走した1953年ル・マンのクラス優勝を皮切りに、翌1954年の「ミッレ・ミリア」や「カレラ・パナメリカーナ」でもクラス優勝を達成することになった。

 今回のオークション出品車両は、1955年7月14日にラインオフしたシャシナンバー「#550-0054」。ポルシェ356スピードスターやメルセデス・ベンツ「300SL/190SL」、アルファ ロメオ「ジュリエッタ・スパイダー」などの企画をメーカー側に促し、アメリカにおける欧州製スポーツカーブームを巻き起こした偉人、マックス・ホフマンが率いるニューヨークのディーラー「ホフマン・モーターズ」が、新車として輸入したものである。

 ちなみに、このときホフマンは合計4台の550スパイダーを輸入していたが、そのうちの1台が、かのジェームズ・ディーンのもとに納められたものだったという。ディーンが1955年9月30日に事故を起こした550スパイダーのシャシナンバーは「#550-0055」であることが分かっており、今回の出品車とは一番違いだったことになる。

生々流転の「550スパイダー」、その評価はいかに?

 このほどRMサザビーズ「Monteley」オークションに出品されたポルシェ550スパイダー#550-0054は、ホフマン・モーターズからカリフォルニア州ノースハリウッドのレーシングディーラーを介して、ファーストオーナーであるコロラド州のアマチュアレーサー、ロバート“ボブ”ドナー・ジュニアに引き渡されたことが分かっている。

 それまでMG「TC」やジャガー「XK120」、ポルシェ356でレースに参加していたドナーJr.は、ステップアップのために550スパイダーを入手。1956年5月19日にカリフォルニア州ベーカーズフィールドでおこなわれたレースに初投入した。

 このデビュー戦では、ケン・マイルズやリッチー・ギンサーなど、後にビッグネームとなるライバルたちを含む6台の550スパイダーが出場したなかで、ドナーJr.は予選9位/決勝15位でフィニッシュ。その後の1956年シーズンでも「SCCA(Sports Car Club of America)」タイトルのかかったビッグレース、およびローカルイベントで活躍を果たすことができた。

 1956年シーズンが閉幕したのち、ドナーJr.は#550-0054を伴ってコロラド州に戻り、主に中西部のローカルレースに舞台を移した。1957年シーズンは、コロラド州コフィービル、カンザス州ラ・ジュンタなど4戦で勝利を収めたものの、シーズン後半にはのちに「シャパラル」を興すジム・ホールなどのライバルたちが、フェラーリ「750モンツァ」、マセラティ「300S」など大排気量のレーシングスポーツで圧倒。続く1958年シーズンも、結果を残すことなく終わってしまったという。

 そこで1959年シーズンに向けて、同じポルシェのニューマシン「718 RSK」を獲得したドナーJr.は、#550-0054をユタ州のアマチュアレーサー、ローリー・レヴァに譲るが、彼がレースに参加したのは1961年のラスベガスのみ。1963年に手放したあとは、アメリカ国内のオーナーを転々とすることになる。

 そして、1965年6月に発生したガレージ火災で損傷を受けてしまったことから、その後18年間にわたって放置。そのままの状態でさらに5人のオーナーを経て、1983年にはポルシェの世界で尊敬されるマイスターメカニックの補助を受けつつ、現オーナーの所有に移ることになった。

 このマイスターのもと、#550-0054には徹底的なレストアが施されることになる。1987年、マサチューセッツ州ニューベリーポートの「ニューイングランド・メタル・クラフターズ」に火事で損傷したボディワークの修復を依頼。必然的に新しいアルミパネルに換装されたが、もとよりレースでの事故が多かった550のなかでは、比較的オリジナルを残した個体とされているようだ。

 ただし1983年に譲り受けた際には、すでにフールマン・ユニットは喪われていたが、引受人はポルシェ本社と交渉し、代替えエンジンとなるユニットナンバー「KD P90048」を入手した。この「KD」とは「Kunde Dienst(カスタマーサービス部門)」のイニシャルとのこと。興味深いことに、ファクトリーの記録によると元来#550-0054に取り付けられていたエンジンは「90048」としてリストに記載されているという。したがって、この「KD」エンジンは、もともとこの特定のシャシのスペアとしてファクトリーが用意していた、専用ユニットだった可能性もあるとのことである。

 さらにこのエンジンは、2000年にフロリダ州の「カレラ・モーターズ」で完全にリビルドされ、ベンチテストも受けている。

 一方ボディ内外のディテールについては、ながらく550スパイダーを所有してきたレーサーにして、このモデルのオーソリティでもあったディック・ハイランドの助けを受けつつ、現オーナー自身によって作業が施された。

 ポルシェ356のボディ架装でもおなじみのカロッセリー(コーチビルダー)「ウェンドラー」社製ボディやシャシプレート、「Spyder」のエンブレムなどは、火災の損傷を免れたボンネットとテールとともにオリジナリティを高め、#550-0054を今なお「正しい」550スパイダーとしている。

●ヴィンテージレースに参加資格ある「550スパイダー」

 今回のオークション出品車の現オーナーは、2021年夏に再び車両を走行可能な状態にメンテナンスして、エンジンは2000年のリビルド以来初めて始動されたものの、サーキットやツーリングで「レン・シュポルト」に相応しい激しい走りを楽しむ前には、今いちどメンテナンスを受けることが望ましいとしている。

 しかし、ル・マン・クラシック、ミッレ・ミリア、モントレー・ヒストリックなど、世界でもっとも権威あるヴィンテージレースイベントの対象となるポルシェ550スパイダーは、その後のポルシェ製スポーツプロトタイプのすべてに影響を与えた画期的なモデルであることはいうまでもなく、クラシックカーレースやラリーでも汎用性の高い、純粋にドライビングを楽しめる1台といえるだろう。

 1955年の製作から66年間のヒストリーが仔細にわたって残されているうえに、現在のコンディションも上々。さらにジェームズ・ディーンの550と連番という、エピソードにも事欠かないポルシェ550スパイダーに、RMサザビーズ北米本社は380万−420万ドル、つまり邦貨換算約4億1700万−4億6170万円というエスティメートを設定した。

 この数字だけを見れば、法外と思われるかもしれない。しかし、マイナーチェンジ版にあたる1957年型「550RSスパイダー」が、2018年のRMサザビーズにて490万ドルで落札された実績もあったことから、この#550-0054の高価落札にも期待が寄せられていたのだが、残念ながら流札に終わってしまった。