トヨタが欧州で販売する小型バン「プロエースシティ」に最上級グレード「デザイン」が追加されます。いったいどのようなモデルなのでしょうか。

オシャレなトヨタの商用車「プロエースシティ」

 トヨタの英国法人は、コンパクトバン「プロエースシティ」(2022年モデル)に、新たなグレードとパワフルな新エンジンを搭載すると2021年9月24日に発表しました。

 欧州で販売されるプロエースシティは、クラス最高レベルの積載量や積載長、積載性能(1000kg)を備えたコンパクトバンです。

 スマートカーゴシステムの採用により長尺物の積載にも対応し、最大1500kgの牽引能力を備えています。

 標準仕様(L1/ホイールベース:2785mm)とロングホイールベース仕様の(L2/ホイールベース:2975mm)があります。

 今回発表された最上級グレードの「Design(デザイン)」は、16インチアルミホイールやボディカラーバンパー、衛星ナビゲーション、アラームを標準装備。

 プリコリジョンシステムやレーンディパーチャーアラート、ロードサインアシスト、ドライバー疲労アラートといった「トヨタセーフティセンス」の機能を備えました。

 まずは100馬力の1.5リッターディーゼルエンジンを搭載する標準仕様(L1)が投入され、2022年春に130馬力の1.5リッターエンジンが追加されることになります。

 プロエースシティの英国での価格は、1万9718ポンドから2万4259ポンド、日本円で約299万円から約368万円です。

 なお、2022年にはプロエースシティのラインナップをさらに拡大し、134馬力のEV「プロエースシティ エレクトリック」を導入する予定です。