独フォルクスワーゲン(VW)は2021年9月27日、新型「ゴルフヴァリアント」をベースにしたスポーツワゴン「ゴルフRヴァリアント」を、ドイツを含む欧州各国で発売しました。

先代よりプラス20馬力の2リッターTSIエンジンを搭載

 独フォルクスワーゲン(VW)は2021年9月27日、新型「ゴルフヴァリアント」をベースにしたスポーツワゴン「ゴルフRヴァリアント」を、ドイツを含む欧州各国で発売しました。

 第8世代へと進化した新型「ゴルフ」は、日本でも2021年6月に発売され、1.0TSIおよび1.5TSIのガソリンモデルが日本上陸しました。

 欧州ではすでにディーゼルエンジンのTDIモデル、天然ガスエンジンのTGI、48VマイルドハイブリッドのETSI、プラグインハイブリッドのeHybridなど、幅広いバリエーションを用意しています。

 さらにスポーツモデルとして「ゴルフGTI」、「ゴルフGTIクラブスポーツ」、ディーゼルの「ゴルフGTD」、プラグインハイブリッドの「ゴルフGTE」、そして2020年11月には「ゴルフR」が欧州で登場しました。

 今回発売された新型ゴルフRヴァリアントは、そんなゴルフRのヴァリアント(ステーションワゴン)バージョンになります。VWゴルフシリーズのなかでフラッグシップとなるスポーツモデルです。

 搭載するエンジンは、直噴の2リッター直列4気筒ガソリン「EA888」の最強バージョンで、最高出力320馬力・最大トルク420Nmを発生。先代モデルと比較すると、パワーで20馬力・トルクで20Nm向上しており、歴代ゴルフシリーズのなかで最強のスペックになります。また最大トルクはわずか2100rpmという低回転域から発生します。

 組み合わされるトランスミッションは7速DSG(DCT)となります。

 標準採用のアルミホイールは18インチで、先代モデルよりも1インチ(25.4mm)大きいブレーキディスクを搭載。このブレーキはピンディスクとアルミニウム製のブレーキポットで構成されており、片側でおよそ600gの軽量化を実現しています。キャリパーは青で統一しており、Rのロゴマークが入っています。

オプションの「Rパフォーマンスパッケージ」で最高速度270km/hに!

 新型ゴルフRヴァリアントの駆動方式は4モーション(4WD)です。

 Rパフォーマンス トルクベクタリングを備えた4モーションは、エンジンの出力を4つの駆動輪に分配する新しいメカニズムで、駆動力をフロントアクスルとリアアクスルの間だけでなく、ふたつの後輪の間でも可変的に分配するものです。これにより、とくにコーナリング時のスピードを大幅に向上させることができるといいます。

 この4モーションはビークルダイナミクスマネージャー(VDM)を介して、電子デフロック「XDS」やアダプティブシャシコントロール「DCC」などとネットワーク化されています。

 これらの機能により、0-100km/h加速はわずか4.9秒、最高速度は250km/h(リミッター作動)というパフォーマンスを誇ります。

 さらにオプションの「Rパフォーマンス パッケージ」を組み合わせると、最高速度を270km/hまで上げることが可能といいます。

 このパッケージには19インチのホイール、および追加のドライビングモードとなる「SPECIAL」(ニュルブルクリンクモード)、および「DRIFT」(パワースライドモード)も含まれます。

※ ※ ※

 新型ゴルフRヴァリアントは、ハッチバックのゴルフRにくらべて66mmホイールベースが長いことから、室内空間も広くなっています。とくに後部座席の足元スペースはハッチバックの903mmに対し941mmと拡大しています。また荷室容量は通常時611リッター、後席シートを折りたたむと最大1642リッターと、日常の使い勝手も考えられています。さらに最大けん引能力は1.9トンといいます。

 現在、新型ゴルフRヴァリアントはドイツおよび欧州各国で注文が可能で、ドイツでの車両価格は5万1585ユーロ(約672万円。19%の付加価値税VAT含む)となっています。