今シーズン新たに登場したブリヂストンのスタッドレスタイヤ「BLIZZAK(ブリザック)VRX3」の試走会が、横浜にあるスケートリンクで開催されました。氷上ブレーキ性能20%向上を謳う新商品ですが、従来品とくらべてどうだったのでしょうか。

摩耗ライフも従来よりも17%向上

 ブリヂストンの「BLIZZAK(ブリザック)」といえば、1988年の登場以来30年以上にわたり、スタッドレスタイヤの代名詞として知られる冬用タイヤブランドです。

 北海道や北東北主要5都市での一般ドライバー装着率は46.2%と20年連続してスタッドレスタイヤのシェアNo.1、そして北海道札幌市でのタクシー装着率は69.5%。そして全世界におけるメーカー累計出荷本数は、なんと3億本に達するといいます。

 今回、そんなブリザックブランドから新商品「ブリザックVRX3(ブイアールエックススリー)」が登場しました。

 ブリザックVRX3は、2017年シーズンに発売された「ブリザックVRX2」の後継モデルとなる商品で、12インチから20インチ、30シリーズから80シリーズまで全111サイズを用意。価格はすべてメーカー小売希望価格が設定されています。

 新VRX3に搭載された新技術を見ていきます。

 まずはブリヂストンの独自技術である発泡ゴムが「フレキシブル発泡ゴム」に進化したこと。アイス路面でタイヤが滑る原因は、氷とタイヤの間にできる水なのですが、発泡ゴムとはタイヤに無数に空いた穴でその水膜を除去し、路面とタイヤ接地面をグリップさせる技術です。

 新VRX3に採用されたフレキシブル発泡ゴムは、従来のVRX2同様、浸水作用による吸水力を備えつつ、新たに水路の断面形状を楕円形に変更。これによる毛細管現象により、円形断面よりもさらに吸水力が向上しています。

 さらに突起や端止めにより、接地路面内への水流の回り込みを抑制、接地性を向上する新トレッドパタンを採用しました。

 これらにより、従来のVRX2に比べ氷上ブレーキ性能が20%向上したのが最大の特徴です。新しいスタッドレスタイヤが登場すると、アイス制動性能はだいたい10%前後の向上というのがこれまでの流れだったので、そういう意味では今回、2世代分進化したということになります。

 またこの新トレッドパタンは、ブロックサイズを均等化することで接地圧を分散、均一な接地によりタイヤと路面の滑りを低減させています。

 そして新フレキシブル発泡ゴムには、ゴム部分に分子量の多い「ロングステイブルポリマー」を採用。ゴムの柔らかさを保つオイルが抜けにくいため、経年によるグリップ性能の低下を抑制。

 こうした技術により、従来のVRX2と比較し、新VRX3は摩耗ライフ17%向上を実現しています。3シーズン目、4シーズン目に入っても発泡ゴムの柔らかさが持続、効き持ちを向上しているといいます。

※ ※ ※

 そんなブリヂストンの新スタッドレスタイヤ、ブリザックVRX3はどんな商品に仕上がっているのでしょうか。新横浜のスケートセンターで試走しました。

発進制動の前後グリップだけでなく、コーナリングの横グリップも大幅向上

 新横浜のスケートリンクで、新商品ブリザックVRX3と従来品VRX2の氷上性能の違いを試します。試乗車はトヨタ「プリウス」で、サイズは195/65R15 91Qです。

 まずは従来品のVRX2を装着した黒のプリウスで走行します。

 0発進ではキュルキュルという音とともに、ふつうに速度を上げていきます。そこからブレーキングをおこないますが、ABSを作動させながらイメージどおりの距離感で止まります。

 パイロンで区切られた場所を円旋回しますが、これもVSC(ESC)が作動しながらゆっくりした速度で回ることができました。

 そもそもブリザックは、従来のVRX2でも氷上性能には定評があるため、スケートリンクでの駆動・制動そしてコーナリングも、まったく不満はありません。

 その後乗り換え、新商品VRX3を装着した白のプリウスで試走します。まず最初の驚きは、アクセルペダルを踏んだ直後。発進直後のキュルキュルという音はVRX2同様ながら、その後はアイス路面にタイヤが食いついているような感じで、力強くクルマを前に進めます。

 そしてブレーキング。グッグッグッという制動感がペダルから右足に伝わってきます。自分のイメージ以上に手前で止まるのが印象的です。

 一番最初に試走したときには、目安となるパイロンでチェックすると、制動感は上回っているのに従来品VRX2よりも制動距離が長くなったため、「?」と感じていたのですが、それはスタート地点からブレーキングポイントまで同じ距離でも新VRX3のほうが発進加速が良いため、同じ感覚で走ってもブレーキをかける地点では速度が高かったということでした。

 従来品VRX2と同じ速度に合わせて試してみたところ、その後は何度試しても新VRX3のほうが手前で止まりました。

 さすがに氷上ブレーキ性能20%向上はダテじゃありません。制動だけでなく駆動も、誰が乗っても体感できるほどの性能向上です。

 ただし駆動制動の前後グリップ向上以上にわかりやすいのは、氷上コーナリング性能の横グリップの向上かもしれません。定常円を回っていくと、従来品と新商品、当然どちらも外へ外へと膨らんでいきますが、新VRX3のほうは明らかに高い速度まで粘ります。

※ ※ ※

 近年は地球温暖化の影響からか、雪が積もっては日中に溶け、さらに夜間に溶けた水が凍るという場所が多くなっているといいます。こうした背景もあり、降雪地域のユーザーの82%、非降雪地域のユーザーの69%がアイス路面の性能を最重要視しているそうです。

 またスタッドレスタイヤの交換までの使用年数は、4シーズンから5シーズン使い続けるユーザーは降雪地域では44%、非降雪地域では55%と、年々長期化しているといいます。

 そうしたユーザーニーズを捉え、氷上ブレーキ性能20%向上に加え、さらにライフ性能を17%向上して登場したブリザックVRX3。今回の試走はスケートリンクだけだったため、ほかの性能は試すことができませんでしたが、ドライやウエット、スノー路面などあらゆる路面での性能や、転がり抵抗、静粛性といったものも、ブリザックらしく高いレベルとなっているそうです。