日産が欧州で発表した新型「タウンスター」は、日本でも人気の高いあるフランス車と関係のあるクルマです。どんな特徴があるのでしょうか。

EV仕様とガソリン仕様を設定

 日産の欧州法人は、バン仕様とワゴン仕様を設定する新型LCV(ライトコマーシャルビークル)「タウンスター」を2021年9月27日に公開しました。日本でも人気の高いあるフランス車と関係のあるモデルだといいますが、いったいどんなクルマなのでしょうか。

 新型タウンスターは、EVモデルとガソリンモデルの2種類で、共に商用バンと乗用ワゴンを設定し、どちらの仕様においても使い勝手の良い広い荷室を提供します。

 荷室容量は最大775リッターで、積載量は最大800kg。テールゲートは跳ね上げ式と、狭い場所でも荷物の積み下ろしがしやすい6:4分割の観音開き式が用意されます。

 外観は、フロントフェイスに日産の共通フロントデザインの「Vモーショングリル」を採用したほか、「アリア」から採用の始まった日産の新ロゴを装着。

 EV仕様では精悍な印象を演出する特徴的なLEDヘッドライトの装備や、空力も意識されたフロントシールド(シールド状のフロントグリル部)など、アリアと同様のデザイン要素が取り入れられました。なお、フロントの日産エンブレム部が、充電口のフタとなります。

 パワーユニットのスペックは、EVモデルが最高出力122馬力(90kW)・最大トルク245Nmを発揮。容量44kWhの駆動用バッテリーを搭載し、一充電で最長285kmの走行が可能です。

 ガソリンモデルは1.3リッターエンジンを搭載。最高出力132馬力・最大トルク240Nmを発揮し、最新の排出ガス規制 ユーロ6d-Fullにも適合しました。

 さらに予防安全装備として、歩行者・自転車検知機能、ジャンクションアシスト付きインテリジェントエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)を採用したほか、運転支援装備で「プロパイロットパーキング」(EV仕様のみ)、「インテリジェントクルーズコントロール」(ガソリン仕様のみ)、「プロパイロット」(EV仕様のみ)を用意します。

※ ※ ※

 今回公開された新型タウンスターは、2021年3月に世界初公開されたルノー新型「カングー」と共通のコンポーネンツを採用するモデルです。

 3代目となる新型カングーは、未だ日本市場には導入されていないものの、初代・2代目のカングーを愛用するファンは日本にも多く、親しまれています。

 新型タウンスターの日本導入に関するアナウンスは2021年9月時点で何もありませんが、“日産版カングー”として日本でも注目される存在になりそうです。

 それではここでクイズです。

 前述のとおり日本でもファンの多いカングーですが、毎年5月に、日本で開催される世界最大規模のカングーを中心とした公式ファンミーティングが存在します、そのイベントの名称は、次のうちどれでしょうか。

【1】フレンチブルー・ミーティング

【2】ルノー・カングー・ミーティング

【3】ルノー・カングー・ジャンボリー

【4】ルノー・ファン・フェスタ

※ ※ ※

 正解は【3】の「ルノー・カングー・ジャンボリー」です。

 ルノー・カングー・ジャンボリーは2009年に第1回が開催され、11回目となる2019年のイベントでは1714台のカングーが会場となった山中湖村「山中湖交流プラザ きらら」に集結。総来場台数は2422台、参加者人数は5019名にのぼりました。

 2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響からオンライン開催。2021年のイベント開催について、ルノー・ジャポンは2021年4月30日に「春の開催は大変難しいと判断し、改めて秋の開催を目指すことにいたしました」という声明を発表しています。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定