冬用タイヤとして認知されているスタッドレスタイヤ。交換タイミングや、何シーズンくらい使えるのか、長持ちさせる秘訣など、タイヤ専門店のスタッフに聞いてみました。

年々性能が進化するスタッドレスタイヤ

 冬用タイヤとして定番の「スタッドレスタイヤ」ですが、例年7月ごろに新製品が発表され9月あたりから販売が始まるなど、雪が降る前から動き出している商品です。

 通常のサイクルであれば、秋も深まり冬が近づいたタイミングでスタッドレスタイヤの購入や履き替えをされる人が多いでしょう。

 スタッドレスタイヤと夏用タイヤの違いは、使用されるゴム素材です。スタッドレスタイヤは、夏用タイヤより低温で硬くなりにくいように配合された素材が使用されています。

 またタイヤのトレッドに刻まれたブロックには細かな「サイプ」と呼ばれる溝があり、雪上では雪を踏み固めながら抵抗を増やしつつ、ブロックの角(エッジ)で雪を引っ掻くことで推進力を路面に伝えています。

 氷上では、ゴム素材が低温下でも生み出す摩擦力とサイプによる排水性、ブロック自体の引っ掻き性能などが合わさって安定した走行を可能にしています。

 その反面、特殊なブロックパターンのためロードノイズが若干大きめに発生したり、乗り心地が低下することもあるといわれています。さらに柔らかい素材のために、舗装路では夏タイヤより消耗しやすいとされています。

 スタッドレスタイヤの装着状況について、NEXCO東日本が2020年に調査した「冬用タイヤ装着状況調査」によると、冬用タイヤの装着率は全車種平均(小型車と大型車の合算)で53.6%でしたが、実際は首都圏での小型車(一般車両)の装着率はわずか23.8%。降雪地域での小型車装着率は66.3%とは大きな差があることがわかりました。

 これは首都圏での降雪量が極端に少ないことや、スタッドレスタイヤに履き替えるためのコストや時間などを考慮した結果なのかもしれませんが、それでも4台中3台は冬にスタッドレスタイヤに履き替えないというのは、都市部では想像以上に少ないといえます。

 もっとも、実際に首都圏で雪が降った場合はタイヤチェーンなどで対応可能ですし、年間に数日降るか分からない雪のために用意できないのも理解はできます。

 ただ最近の異常気象を考えると、都市部で突然の大雪に見舞われる可能性も否定できず、雪でも安全に走行できるスタッドレスタイヤの装着を検討してもいいのではないかと思われます。

※ ※ ※

 スタッドレスタイヤは毎年進化しており、現在では雪上での走行性能はもちろん、雪の少ない地域でも発生しやすいアイスバーン(氷上)性能などを考慮した作りになっています。

 さらに耐摩耗性や静粛性などもかなり改善され、現在では夏用タイヤに近いフィーリングのオンロード性能のスタッドレスタイヤも登場しつつあります。

 なお、夏用タイヤの性能に加え、雪上も走行できる「オールシーズンタイヤ」もありますが、オンロードでのグリップは夏用タイヤに及ばず、雪上でのコントロール性能や大切な制動距離(ブレーキをかけて止まる距離)はスタッドレスタイヤに及びません。

 飛び抜けた性能がない代わりに、どんな気象条件にも対応するオールマイティさを併せ持っているため、多少の雪や悪路などでも履き替える必要がなく走行できるのがメリットとなっています。

購入・交換の時期など、気になる点をタイヤのプロに聞いてみた

 本格的な冬が到来する前に準備しておきたいスタッドレスタイヤですが、いつ頃交換するのがよいのでしょうか。交換のタイミングや何シーズンくらい使えるのか、長持ちさせる保管方法などについて、タイヤ専門店のスタッフに聞いてみました。

 まずは購入のタイミングですが、装着の直前に購入するのがいいのでしょうか。

「スタッドレスタイヤを購入するタイミングはできるだけ早いほうがいいと思います。乗用車のタイヤサイズの場合は生産数も多いのでそれほど心配ありませんが、トラック用や扁平率がレアなタイヤサイズの場合は、10月には売り切れてしまうこともあります。

 装着する時期は地域によって差はありますが、路面が凍結しそうなほど冷え込みが厳しくなってからでも間に合います。購入はお早めにといったところでしょうか」

 ここで注意したいのは、タイヤの製造年です。とくに柔軟性が求められるスタッドレスタイヤの場合、経年劣化により硬化するのも夏タイヤより早いといわれています。

「スタッドレスタイヤのコンパウンドは特殊なので、本体に刻印された製造年を確認してください。新品未使用だったとしても古いタイヤを購入してしまうと、十分な性能を発揮できない可能性があります。

 またスタッドレスタイヤは、夏用タイヤに履き替えてあとは長期保管されるケースが多いですが、使用期限は走行距離にもよりますが3シーズン程度といったところでしょう。

 走行距離が短くて溝やブロックが残っていたとしても、タイヤが硬化しグリップ力を確保する路面摩擦力が低下してしまっては、乗り心地も燃費も悪化してしまいます」(タイヤ専門店のスタッフ)

 こういった事態を避ける方法としては、できるだけ新製品の銘柄を選ぶのが良さそうです。新商品であれば当然ながら新たに製造されており、経年劣化によるタイヤの硬化という問題を気にしなくて済みます。

「製造年はタイヤウォール(タイヤの側面)に刻まれた4桁の数字で確認できます。たとえば〇〇□□だった場合、20□□年の〇〇週に製造されたタイヤという意味です。この下2桁が現在より3年以上前のものは、かなり古いタイヤということになります」(タイヤ専門店のスタッフ)

 シーズン中に仕様したスタッドレスタイヤは春先になると夏タイヤに履き替え、冬になるまで長期保管するケースが一般的となっています。

 この保管に関して少しでもいい状態を保ち、長持ちさせる秘訣などはあるのでしょうか。

「長期保管で一番の大敵が直射日光です。紫外線や熱がゴムの劣化や硬化を促進させるので、日光を避けた高温にならないような場所に保管するのがいいと思います」(タイヤ専門店のスタッフ)

 またタイヤワックスを塗布してビニール袋に入れて密閉保管するのは、タイヤにとってNG行為だといいます。

「じつは、タイヤワックスの油分と紫外線が一緒になることで、タイヤのヒビ割れが進行してしまうんです。

 水洗いなどで汚れを落とすのはいいのですが、スタッドレスタイヤにはタイヤワックスは使用しないほうがいいです。

 またゴム製品は呼吸しているともいわれているので、密閉での保管もあまりお勧めできません。それなら暗所でそのまま積み上げているほうが状態は保てると思います」(タイヤ専門店のスタッフ)

 もうひとつ気になる点は、スタッドレスタイヤを購入するとき、併せてホイールも購入する人が多いと思いますが、純正ホイールでタイヤを履き替えるのではだめなのでしょうか。

「ホイールにタイヤを組み込む作業や外す作業は、タイヤの縁を強引に入れ込んだり、バールなどの工具で引っ剥がす力技な部分が多いです。

 タイヤを痛めながらの作業な部分もありますので、できればホイールとタイヤは1度組み上げたら頻繁に取り外ししないほうがいいでしょう。タイヤとホイールをセットで購入し、夏と冬で交換するのが一番いいですね」(タイヤ専門店のスタッフ)

※ ※ ※

 スタッドレスタイヤは雪上や氷上でのグリップ力を確保するため、かなり柔らかい素材が練り込まれたゴムでできており、扱いはできるだけ丁寧なのが良さそうです。

 実際、タイヤメーカーは3年程度での交換を推奨しており、溝の残りが50%になるとプラットフォームと呼ばれる突起が出てきます。できればその前に交換するのが安心のようです。

 ちなみに、スタッドレスタイヤは方向性の決まったパターンを採用しているケースが多いので、タイヤローテーションはクロスではなく、前後でおこなうことも覚えておきましょう。