独VWは2021年10月11日、ミドルサイズSUV「ティグアン」のロングホイールバージョン「ティグアン・オールスペース(Tiguan Allspace)」をマイナーチェンジ、プリセールスが開始されると発表しました。

内外装を一新した「ティグアン」のロングホイールベース版

 独VWは2021年10月11日、ミドルサイズSUV「ティグアン」のロングホイールバージョン「ティグアン・オールスペース(Tiguan Allspace)」をマイナーチェンジ、数週間以内にプリセールスが開始されると発表しました。

 改良新型ティグアン・オールスペースは、エクステリアを一新。新しいLEDヘッドライトを備えフロントまわりが変更されました。ボンネットはよりシンプルなラインを描き、LEDヘッドライトを備えた新たな幅広のラジエーターグリルに変更、デザインが新しくなったVWバッジは中央に配置されています。さらにバンパーデザインも一新されました。

 これにより、全長は従来型よりも22mm長い4723mmに変更。室内空間のサイズは従来型と変わりません。荷室容量は、3列7人乗りバージョンでは700リッターから最大1755リッター、2列5人乗りバージョンでは760リッターから1920リッターとなります。3列目シートは荷室下にきれいに格納することが可能です。

 LEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」も選択できるようになりました。これはフロントカメラで対向車や先行車を検知し、マトリックスモジュールに搭載されたLEDを個別に制御することで、最適な配光を可能としたシステムです。

 改良新型ティグアン・オールスペースは、ドイツでは「ライフ」「エレガンス」「Rライン」という3グレードを展開します。エレガンスは内外装に多数のクロムメッキを用い、19インチアロイホイールを搭載。RラインはRロゴを備えた専用マルチファンクション・ステアリングホイールやカーボントリム、「デジタルコックピットプロ」、19インチまたは20インチの専用ホイールを選択できます。
 
 インテリアでは、第3世代となるモジュラーインフォテインメントマトリクス(MIB3)」を搭載。オンライン接続が可能で、ネットワーク化を果たしています。さらにApple CarPlayのワイヤレス機能にも対応しています。またオプションで480Wのハーマン・カードン製のプレミアムサウンドシステムも選択可能です。

 車両価格は、150馬力の1.5リッターTSIと6速MTを組み合わせた「ライフ」グレードが3万6230ユーロ(日本円で約474万円。ドイツの付加価値税VAT 19%込)からとなっています。

世界でもっとも販売台数の多いSUVが「ティグアン」

 ティグアンは、欧州でもっとも成功したSUVで、世界でもっとも販売台数の多いSUVのひとつです。

 初代は2008年に登場、2016年に2代目に進化し、これまで600万台以上が生産されています。2019年にはVWブランドでもっとも人気のあるベストセラーモデルとなり、全体で91万926台が生産されました。

 そんなティグアンが、世界のSUVのベストセラーとなった理由が、2017年に追加投入されたこのティグアン・オールスペースの存在です。

 このロングホイールベースバージョン(LWB)は、発売以降すでに150万台以上が販売され、現在では全世界で生産ラインから出荷されるティグアンの2台に1台以上(55%)がLWBだといいます。

 このクラスのSUVで、3列7人乗りを実現しているモデルは多くありません。

 ホンダ「CR-V」(全長4605mm。FF・ガソリン車のみ)、プジョー「5008」(全長4640mm、メルセデス・ベンツ「GLB」(全長4650mm)、マツダ「CX-8」(全長4900mm)あたりがライバルになりそうです。

※ ※ ※

 そんな改良新型ティグアン・オールスペースの日本導入はあるのでしょうか。

 日本では2021年5月12日に改良新型ティグアンが登場、その際にはVWのSUVで初のハイパフォーマンスモデル「ティグアンR」が追加設定されています。

 ティグアンは、VWのSUVラインナップを代表するモデルだけに、日本での展開も期待したいところですが、VGJ担当者に話を聞くと「いまのところ日本導入は未定です」とのことです。