東風ホンダは、中国市場で販売を手掛ける新型SUV「e:NS1」を武漢モーターショー2021でお披露目しました。どのようなモデルなのでしょうか。

新型SUV「e:NS1」を中国でお披露目!

 2021年10月21日に東風ホンダは、中国市場で発売予定の新型SUV「e:NS1」を武漢モーターショー2021でお披露目しました。
 
 スポーティな新型e:NS1とは、どのようなモデルなのでしょうか。

 新型e:NS1は、ホンダが2021年10月13日に中国向けの電動化戦略として発表したEVファミリー「e:N(イーエヌ)」の第1弾となるモデルです。
 
 この際、市販予定モデルとして前述の新型e:NS1(東風ホンダ)と「e:NP1」(広汽ホンダ)、コンセプトモデル3車種を世界初公開。

 今回の武漢モーターショーでは、新型e:NS1とコンセプトモデルのひとつとなる「e:N COUPE Concept」も合わせてお披露目しています。

 新型e:NS1は、ホンダの電動化の発展性を示すだけでなく、e:Nブランドを形成する使命を担っています。

 また、ホンダブランドにおいてグローバル市場で初となるSUVタイプのEVです。

 新型e:NS1は、ホンダの伝統的な強みであるパワーとハンドリングを維持するだけでなく、技術とデザインにおいてさらなる革新をもたらし、e:Nブランドのコンセプトとなる「動」、「知」、「美」を融合させることで、ユーザーにこれまでにない新しい価値や体験を提供します。

 プラットフォームは、e:Nブランド専用「e:N Architecture」(イーエヌ アーキテクチャー)の「Fプラットフォーム」を採用。

 さらに、高効率・高出力の駆動モーター、大容量・高密度のバッテリーを搭載することで、新型e:NS1は出力の一瞬一瞬をシルクのように滑らかで繊細にコントロールすることができ、ユーザーにこれまでのクルマと同様のドライビングプレジャーを提供し、人とクルマを結びつけ、ホンダ独自の「motion」を提供すると説明しています。

 デザインは、ホンダの新しいデザイン言語「e:N Design」を採用し、「One Touch of Future」をデザインコンセプトに、シンプルでシャープな形状、e:Nシリーズの新しいシンボルロゴを採用。

 同時に、生命感あふれる「ハートビート・インタラクティブ・ライト・ランゲージ」を搭載し、充電中にさまざまな光の表情で充電状況が一目でわかるようになっています。

 新型e:NS1の販売を手掛ける東風ホンダは、次のように説明しています。

「新型e:NS1は、東風ホンダの総合的な電動化を加速させる役目があります。

 東風ホンダは、今回の戦略モデルとなるe:NS1を発表したことにより、高品質でインテリジェントな電気自動車に対するお客さまの要望に対応し、電動化の新たな旅の序章をスタートさせます」

※ ※ ※

 また、新型e:NS1とともに発表されたe:N Coupe Conceptは、「動」、「知」、「美」を融合させた、新時代のユニークなEVで、市販モデルは今後5年以内に中国市場へ正式導入される予定です。