トヨタは、新型EV「bZ4X」の日本仕様のスペックを発表しました。国内発売は2022年年央の予定ですが、日本でもEVが一気に普及することになるのでしょうか。

トヨタの電動SUV「bZ4X」の日本仕様発表!

 トヨタの新型電動SUV「bZ4X」の詳細が2021年10月29日に明らかになりました。

「トヨタが電気自動車(EV)を出すのだから、これで日本でもEVブームに一気に火が付く」と考える人も少なくないかもしれませんが、果たしてそうなるのでしょうか。

 新型bZ4Xの開発陣とのオンライン意見交換を通じて感じたことを踏まえて、トヨタEVの今後、そして日本におけるEVの今後を考えてみたいと思います。

 まずは、新型bZ4Xのスペックです。

 ボディサイズ、全長4690mm×全幅1860mm×全高1650mm、ホイールベースが2850mmと、トヨタのSUVでは「RAV4」に近いサイズ感です。

 トヨタは2025年までにグローバルで合計15モデルのEVを導入し、そのうち「bZシリーズ」は7モデルを設定するとしています。

 開発担当者は「ネーミングの『4』は車体の大きさ、また『X』はボディ形状を示す」と説明するとともに、「今回の『4X』はbZシリーズの中核的な存在であり、bZシリーズの象徴」という表現をしています。

 となれば、4の前後に、1、2,3,5,6といったさまざまな車体展開や、「X(クロスオーバー)」に対して、たとえば「S(セダン)」や「C(クーペ)」とったモデル展開が予想できますし、実際、開発担当者からもそうした今後の展開を示唆するような発言がありました。

 次に、新型bZ4Xの駆動方式ですがFWD(前輪駆動)と4WD(四輪駆動車)の2本立てです。

 テスラなど、最近のEVはリア駆動をベースとするケースが多いのですが、トヨタとしては「トヨタブランドとして(グローバルでの現状での利用実績を踏まえて)FFベースとし、そのうえで最小回転半径を考慮した」という見解です。

 モーター出力は最大でFWDは150kW、4WDは前後それぞれ80kWで合計160kWに設定。駆動用電池はリチウムイオン二次電池で容量は71.4kWhとし、FWD車の航続距離は500km前後といいます。

 EVにとって駆動用電池の容量は満充電での航続距離や充電時間に直結しますが、「(グローバルの)各マーケットから『これだけ航続距離が欲しい』という意見を聞き、また将来的な(EV関連)技術の伸びしろを考慮したうえで決めた数字」という説明です。

 電池の搭載方法は、低重心を最大限に考慮して車体床下に一段積みとしており、電池を2段に積み上げるような考え方は採用していません。

 ちなみに、新型bZ4Xとライバルとなるであろう日産「アリア」の電池容量は65kWhと90kWhの2種類で、90kWh版の2WDの航続距離は610kmとなっています。

高額になりがちなEV 普及することによって価格は下がる?

 新型bZ4Xの発売は2022年年央から、。中国・米国・欧州・日本で始まりますが、気になる価格については今回未発表でした。

 そのうえで、開発担当者は「バッテリー電気自動車の価格が高いというネガティブポイントがあることは分かっている。たとえばプリウスでは(コストの)1/2活動を展開して量産価格は下げてきたので、BEVについても今後、次のシリーズで下げていく方向だ」という、技術進化と量産効果のバランスについて述べています。

 トヨタとの意見交換を振り返ってみると、たとえばドイツのメルセデス・ベンツが「市場環境が整えば、2030年までにグローバルで全モデルをEV(または燃料電池車)にする」といった急激なEVシフトをトヨタとしては望んでいないのは明らかです。

 豊田章男社長が日本自動車工業会・会長の立場としても常々発言しているように、「自動車産業におけるカーボンニュートラルに向けたCO2削減は、国や地域の社会状況に応じて対応策が違う」という考えが基本にあります。

 今回の新型bZ4X発表資料のなかでも、冒頭に「カーボンニュートラルへのアプローチ」として、プラクティカル(実用的)な形でサスティナブル(持続可能)な移動手段を提供する、として、HEV(ハイブリッド車)、PHEV(プラグインハイブリッド車)、BEV(バッテリー電気自動車)、FCEV(燃料電池車)の「電動車フルラインナップ」を示しています。

 さらには、既存の内燃機関(エンジン)を活用して、水素やe-フューエルなどを燃料とすることでCO2削減を進める取り組みが、電動化フルラインナップと同時に進行している状況です。

 今回の新型bZ4X発表資料のなかでは販売台数目標については触れられていませんが、開発担当者の口調として、発売当初から一気に販売数が伸びるという予想はしていない印象がありました。

 これはけっして、欧州や中国など、EV販売台数が義務化という社会情勢とは違う日本において、トヨタがEV普及に消極的ということではないと思います。

 EV普及については、技術の進化や価格面の抑制などが必要ですが、それ以上に、ユーザーや販売店がEVにどう向き合い、そして社会全体でEVをどう受け入れていくのかが重要なのだと思います。

 初代プリウスが基点となり、日本でさまざまなハイブリッド車が普及したこれまでの時代の流れと、これから新型bZ4Xが歩む道は、少し違うように感じます。