スバルの新型電動SUV「ソルテラ」が2021年11月11日に世界初公開されます。新型ソルテラとはどのようなモデルなのでしょうか。

スバルとトヨタが共同開発した新型電動SUV

 スバルは、同社初となるグローバルEVの新型「ソルテラ」を、2021年11月11日9時30分(日本時間)に世界初公開すると公式サイトでアナウンスしました。

 新型ソルテラはスバルとトヨタが共同開発したモデルとなり、CセグメントクラスSUVのEVです。

 トヨタの電動化技術とスバルのAWD技術を融合させ、EVならではの魅力を持つSUVづくりに取り組んだといいます。なおトヨタでは新型「bZ4X」として市場に投入される予定です。

 新型ソルテラの外観デザインは、コの字をモチーフにしたヘッドライトとリアコンビネーションランプを採用。

 また、ヘッドライトからフロントフェンダーを覆うようにブラックのクラッディング(樹脂パーツ)が装着され、SUVとしてのワイルドさを演出しています。

 内装は先進的なデザインで、インパネ中央に横長のディスプレイが配置され、そこから下方向へつながる大型センターコンソールが印象的です。

 新型ソルテラおよび新型bZ4Xは、EV専用の新型プラットフォーム「e-SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用(トヨタではe-TNGA EV専用プラットフォーム)し、優れた操縦安定性や高い走破性を誇るAWD性能を備え、行く先を選ばない「安心と愉しさ」を提供するスバルらしいSUVとなるといいます。

 なお、車名の「ソルテラ(SOLTERRA)」とは、ラテン語で「太陽」を意味する「SOL(ソル)」と、「大地」を意味する「TERRA(テラ)」を組み合わせた造語です。

 自然をもっと愉しみ、自然との共生をより一層深めていきたいという想いから名付けられました。

 新型ソルテラは、日本、米国・カナダ、欧州、中国などで2022年年央までに発売される予定です。