トヨタの中国における合弁企業「広汽トヨタ」から、中国仕様の新型「シエナ」が2021年10月30日に発売されました。MPV需要が増加傾向にあるという中国市場に導入されますが、どんなモデルなのでしょうか。

トヨタのグローバルフラッグシップMPVが中国市場に登場

 トヨタの中国における合弁企業「広汽トヨタ」は、MPV(日本でいうミニバン)の新型「シエナ」を2021年10月30日に中国市場で発売しました。

 シエナは、ボディサイズが全長5165mm×全幅1995mm×全高1765mm、ホイールベースが3060mm(すべて中国仕様)に設定される大型の3列シート車です。TNGAプラットフォーム「GA-K」を採用します。

 初代は1997年に米国で誕生し、以降北米市場を中心に展開されていました。

 現行モデルとなる4代目は、シエナ史上初となるハイブリッド専用車(2.5リッターガソリン+モーター)として2020年に登場。また4代目では韓国や台湾でも導入が始まり、今回中国にも導入されることになりました。

 広汽トヨタは、今回発売したシエナについて「トヨタのグローバルフラッグシップMPV」であると説明。

 中国市場においては5グレードを展開するほか、福祉車両として2列目シートが回転して車外にスライドダウンするサイドリフトアップシート仕様も設定されます。

 シエナの中国市場での価格は、30万9800元から40万5800元(日本円で約553万円から約725万円)に設定されます。

※ ※ ※

 シエナを中国に導入した狙いについて、トヨタの中国法人は次のようにコメントしています。

「近年、MPVの需要は増加傾向にあります。トヨタの『アルファード』や『クラウンヴェルファイア』、レクサス『LM』など、トヨタのMPVは中国市場に参入して以来、消費者から高い評価と支持を得てきました。

 そうした中国の消費者のニーズに応えるため、トヨタは中国市場にシエナを正式に導入しました」

 中国市場において、アルファードは広汽トヨタが扱う一方、トヨタの中国における別の合弁会社「一汽トヨタ」は「ヴェルファイア」にクラウンブランドを組み込んだ高級ミニバンとなる「クラウンヴェルファイア」を、2021年4月の上海モーターショーで発表。日本のユーザーの間でも話題となりました。

 日本未導入のレクサス「LM」も含め、日本ではみかけないトヨタのMPVが複数存在します。

 今回中国に導入されたシエナが、今後現地でどれほど注目を集めるのか注目されます。