ダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」のハイブリッド車が2021年11月1日に発売されました。なぜガソリン車の発売から2年後の投入となるのでしょうか。

そもそもなぜ最初はガソリン車を発売したのか?

 2021年11月1日に発表されたダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」のハイブリッド車。

 同車はこれまでガソリン車だけの設定でしたが、マイナーチェンジを機にハイブリッド車が設定されたのがトピックです。

 これまで、ダイハツ(とトヨタにOEM供給される同社生産の)のコンパクトカーにはハイブリッドモデルがありませんでした。

 しかし、いまや市場を見渡すとコンパクトカーでもトヨタ「ヤリス」「ヤリスクロス」やホンダ「フィット」そして「ヴェゼル」のように販売の大部分をハイブリッドモデルが占める車種が増えています。

 さらに、トヨタ「アクア」や日産「ノート」「キックス」のように純粋なエンジン車を持たずハイブリッド専用車となっている車種もあります。

 そんななか、ダイハツはコンパクトカーにハイブリッドを用意したのは当然成り行きといえるでしょう。

 しかし、予想外がありました。それはハイブリッドシステムを「シリーズハイブリッド」としたこと。

 シリーズハイブリッドとはエンジンは発電機に徹し、駆動力はモーターだけで発生する仕掛けです。これまでは、量産市販車に採用しているのは日産だけでした。

 では、どうしてダイハツはハイブリッドの搭載にあたり「シリーズハイブリッド」を選んだのでしょうか。

 担当したエンジニアは次のように説明してくれました。

「小さいクルマに最適なハイブリッドはどんなシステムか。

 部品点数を少なく済ませ、構成するユニットをできるだけコンパクトにするにはどんなハイブリッドがいいか。

 その答えがシリーズハイブリッドだった」

※ ※ ※

 ロッキーとライズが発売されたのは2019年11月。

 ハイブリッドモデルの追加はデビューから2年遅れてということになりますが、使われているプラットフォーム自体は電動化を視野に入れた設計となっていて、エンジニアによると「2年前にはハイブリッド車の基本構想は決まっていた」といいます。

 ただし、まずはガソリン車を優先して開発したといいます。

 そして、ダイハツにとってはじめてのシリーズハイブリッドとなるため、本格量産車としてははじめてのハイブリッドということもあり開発の工数が多く、ガソリン車に比べると発売のタイミングが遅くなったようです。

ガソリン車&e-POWER専用SUV「キックス」とは何が違う?

 小さな車体に、スペース効率よくハイブリッドを組み合わせるにはシリーズ式が最適だったというわけです。

 ロッキーハイブリッドの車室内空間をガソリン車と比べてみても、目に見える部分で異なるのは荷室床下のアンダーボックス容量のみ。

 ガソリン車ではエンジンルーム内に搭載される電装系バッテリーがスペースの都合上荷室床下に配置。

 またハイブリッド車専用装備(メーカーオプション)となるAC100Vコンセントに電気を供給するための外部給電用インバーターが設置されることで床下収納部の容量が減っています。

 駆動用バッテリーは後席座面下に置かれますが、ここはシートの形状など見える部分でのガソリン車との違いはありません。

 ただ、バッテリー搭載のためにガソリンタンクを3リッターほど小さなタイプ(33リッター)とし、またフロアの形状もわずかに異なります。

 ところで気になるのは、すでに市販されているシリーズハイブリッドのコンパクトSUVである日産「キックス」との違いでしょう。

 たとえばモーター最高出力/最大トルクは、キックスが129ps/260Nm、対してロッキーは106ps/170Nmと控えめ。

 また、比べると駆動用バッテリーの容量も小さいものです。

 そのため、アクセルを踏み込んだ際の加速の強さなどはキックスにリードを許すこととなるでしょう。

 また、燃費性能もリード。WLTCモードで28.0km/LとコンパクトSUVのトップクラスを誇ります。

※ ※ ※

 価格では、ロッキーのベーシックグレード「X HEV」は211万6000円からとなり、275万9900円からのキックスに比べるとリーズナブル。

 ロッキーはAセグメントでキックスはBセグメントと車格は異なりますが、“ハイブリッドのコンパクトSUV”としてみれば価格面での競争力もあるようです。