今シーズン新たに登場したブリヂストンのスタッドレスタイヤ「BLIZZAK(ブリザック)VRX3」。その試走会が、千葉・船橋にあるスケートリンクで開催されました。氷上ブレーキ性能20%向上を謳う新商品ですが、初代ブリザックとの比較、そしてゴムだけ同じスリックタイヤとの比較で、スタッドレスタイヤやゴムの進化を体感しました。

1988年に登場した初代「ブリザックPM20」とも比較した

「今度のBLIZZAK(ブリザック)は凄い!」これがアイス路面での試乗を終えての筆者の感想です。

 粉塵公害、騒音公害などにより、スパイクタイヤの製造が法律で禁止されたのが1990年ですが、ブリヂストンのスタッドレスタイヤはそれよりも前の1982年から販売を開始しています。そして初代ブリザックが誕生したのが1988年です。

 それから33年、ブリザックは進化に進化を重ね、第11世代になりました。それが「ブリザックVRX3」です。

 画期的な発泡ゴムを使ったトレッドコンパウンドがブリザックの売りです。

 ゴムの表面にある小さな窪みがタイヤとアイスバーンの間の水を吸い取り、水膜を切り裂いて直接アイス路面に接触することでタイヤのグリップ力を発揮します。

 走行してタイヤが擦り減ってもゴムの気泡が次々と出現するために、水を吸い取る能力が衰えないのもメリットです。

 さて、この発泡ゴムはブリザックのモデルチェンジごとに進化していますが、最新のVRX3はフレキシブル発泡ゴムと呼ぶ楕円形の気泡になりました。単なる球形ではなく少し長い楕円形になったので、毛細管効果で水を吸い取る能力が高まったということです。

 三井不動産アイスパーク船橋というアイススケート場で開催されたブリザックVRX3の試乗会に参加することができたので、そこでのインプレッションをお伝えしましょう。

 最新のプリウスに最新ブリザックVRX3を履かせたものと、1988年に登場した初代ブリザックPM20の復刻版を履かせたものという極端な比較試乗から始まりました。

 もちろん当時のタイヤそのものだと硬くなっていて使えないので、装着された初代ブリザックは当時のゴムを再現、そしてパターンは手彫りでおこなった復刻版です。つまり、初代と最新のスタッドレスタイヤを乗り比べることで、ブリザック33年の進化の歴史を体感できる、というものです。

 まずは初代PM20装着のプリウスで走ります。当然ながらグリップ限界が低く、アクセル、ブレーキ、ハンドルのどれを使ってもすぐに限界を超えて滑ってしまうので、とても丁寧な運転をしないと走れません。確かに昔のスタッドレスタイヤはこんな感じだったな、と思い出させてくれました。

アイス性能が高いと安心感が違う

 一方、最新のVRX3は、同じコースで同じ操作をしてもグリップ限界が高く、とても安心感がありました。

 確かに30年以上の技術の差を比べても意味がないかもしれませんが、VRX3はグリップ限界が高いだけでなく、限界を超えて滑り出した場合でもスコッとグリップが抜けてしまうことなく、氷をつかまえている感触が伝わってくるので、その凄さがわかります。

 たとえばハンドルは小舵角から中舵角、さらに大舵角になっても同じように反応してくれるため、期待どおりのラインを走ることができます。

 少しスピードを上げて大舵角にするとグリップ限界を超えて滑り出しますが、それでも一気に滑って真っ直ぐ行ってしまうことなく、グリップがゼロにならずになんとか曲がってくれます。

 アクセルオンも同じで、ホイールスピンをしながらも加速力があるので、交差点のミラーバーンでも発進できずもどかしい、という思いをしなくてすみそうです。

 もちろんこれらはトラクションコントロールや横滑り防止装置が作動して、助けてくれての話ですが、ブレーキのABSも同様に、制動力の強さをドライバーとして感じることができ安心感がありました。

 トレッドパターンの比較試乗もおこないました。

 レース用のスリックタイヤのように、まったくトレッドパターンがないスムースタイヤと最新のVRX3の比較です。両方ともVRX3用の発泡ゴムを使っているという条件でした。

 スムースタイヤでもVRX3のゴムを履いているので意外と走ることができましたが、ハンドルが効く角度、グリップする角度が狭く、とんがっている性能に感じました。

 VRX3はスリップアングルが大きくても小さくても、ちゃんとグリップしてくれるトレッドパターンになっているのだとわかりました。

 最新の発泡ゴムを直接体感する試乗も用意されていました。それは足で漕ぐ3輪車です。

 3輪とも夏タイヤ用ゴムを装着した3輪車は、人間の力で漕いでもホイールスピンしてしまい、ハンドルを切っても曲がってくれません。ゆっくり走るだけです。それが発泡ゴムだとペダルが重く感じるほどグリップし、自在に走れるのが驚きでした。

 アイスバーンでの性能は桁違いに向上しているのがよくわかった試乗会でした。

※ ※ ※

 最新のスタッドレスタイヤに求められるのは、アイスバーンでの性能が第一ですが、転がり抵抗を小さくして低燃費にしたり、摩耗性能をよくしてライフを長くしたり、静粛性、ドライ路面・ウエット路面での性能も求められています。

 次回チャンスがあったら、最新のVRX3のアイスバーン以外の性能についてもレポートしようと思っています。