トヨタ「ルーミー」は人気のトールワゴンです。ルーミーの人気の理由はどういったところにあるのでしょうか。

トヨタ「ルーミー」売れる理由は「ちょうどいい」?

 人気のトールワゴンとなるトヨタ「ルーミー」は、2021年度上半期(4月から9月)にて登録車2位の販売台数を記録しています。
 
 さまざまな人気車があるなかで、ルーミーの魅力はどのような部分にあるのでしょうか。

 2016年11月にダイハツ「トール」とそのOEM車としてトヨタからルーミーと「タンク」、スバル「ジャスティ」が登場しました。

 その後、2020年9月のマイナーチェンジではルーミーとタンクが統合され、ルーミーの一部グレードとしてタンク顔の仕様が継続されています。

 2021年11月現在、ルーミーが属する登録車(小型車)のトールワゴンというカテゴリーには、前述のトールとジャスティ以外にスズキ「ソリオ」くらいしか存在していません。
 
 しかし、実際のユーザーからは軽自動車のスーパーハイトワゴンやコンパクトミニバンが比較対象となっています。

 スーパーハイトワゴンとしては、ホンダ「N-BOX」やダイハツ「タント」、スズキ「スペーシア」などが存在し、コンパクトミニバンではトヨタ「シエンタ」やホンダ「フリード」が挙げられます。

 そのため、ルーミーにはさまざまなライバルが存在し、まさに激戦区で売れている1台といえます。

 ルーミーに関する声をSNSで見ると「運転にストレスがない」「室内が広くて乗り込みもしやすい」「安全装備が豊富で安心」といった意見が挙げられていることがわかります。

 また、軽自動車のスーパーハイトワゴンと比較した際、登録車であるルーミーはボディサイズがひと回り大きいため室内がより広いことがポイントです。

 例えば、ルーミーとタントのサイズを比較すると、ルーミーはボディサイズが全長3700mm×全幅1670mm×全高1735mmとなり、タントは全長3395mm×全幅1475mm×全高1755mm(4WDでは1775mm)です。全高についてはそれほど大きな差はありませんが、全長と全幅はルーミーのほうが一回り大きく、その分後部座席や荷室がより広くなっています。

 走行性能面では、軽自動車は排気量が660ccなのに対し、小型車であるルーミーは1リッターとなるため、家族4人で荷物も積んでの移動においいてストレスが軽減される傾向にあります。なお、軽自動車は4人乗りですが、登録車のルーミは5人乗りです。

 また、金額面において軽自動車と小型車では、税金、保険、燃料などさまざまなコスト面は軽自動車のほうが安くなります。

 そうしたなかで、ユーザーからは「軽自動車と悩んだけど、維持費より普段の快適性をとったのでコンパクトワゴンにした」「軽自動車のほうが維持費は安いけど、ストレスなく移動したい」という声が見受けられます。

 一方で「買い物車だから維持費の安い軽自動車にした」「セカンドカーなので安くすむ軽自動車にした」といった声もあり、ユーザーのライフスタイルによって、どちらを選ぶかは異なっています。

 これらのコスト面は登録車で排気量などが大きくなるほど高くなる傾向にあります。

 そのため、軽自動車よりも快適かつ排気量が小さいという部分がルーミーなどのトールワゴンを支持するポイントといえそうです。

トールワゴン人気のなかで、なぜルーミーがダントツで売れるのか?

 ライバルの良いところを併せ持つトールワゴンのなかで、なぜルーミーが人気なのでしょうか。

 実際にユーザーが魅力に感じている部分として、ターボ搭載グレードがラインナップされているという点があるようです。

 ルーミーのターボ搭載グレードについて、都内のトヨタ販売店の担当者は以下のように話します。

「ルーミーのなかでも、グレード名に『T』がついているモデルはターボ搭載グレードとなっています。

 ルーミーの排気量は1リッターで、そこまで大きくはありませんが、ターボが搭載されていることで、実際には1.5リッターほどのパワーを持っています。

 そのため、高速道路などを利用して遠出をすることが多い人などに、比較的ストレスなく運転していただけます」

 ターボが搭載されていることで、ルーミーは瞬発的な加速性能が備わっており、高速道路での合流などをスムーズにおこなうことが可能です。

 さらに、ライバルであるソリオは排気量が1.2リッターと、ルーミーよりも排気量が大きいものの、ターボも踏まえた実際の走行性能では、ルーミーのほうがパワーがあると感じるユーザーも少なくないようです。

 また、ルーミーは安全性の高さも魅力のひとつとなっており、予防安全機能である「スマートアシスト」が全グレードに標準装備されています。

 スマートアシストでは「全車速追従機能付きACC」が搭載されており、高速道路などの走行において前方の車両に合わせて、クルマが自動で速度を制御します。

 また、前方車両が進んだことに気がつかない場合にブザーで発進を促す「先行車発進お知らせ機能」、前後へ誤発進した際にブレーキを制御する「ブレーキ制御付き誤発進抑制機能」など、さまざまな安全機能が搭載されています。

 こうした安全機能の充実も要因となり、前出の担当者は「ルーミーは高齢のお客さまからの購入も多い」と話します。