スバルが2021年11月11日に世界初公開する新型EV「ソルテラ」。トヨタ版モデル「bZ4X」も存在しますが、どんなスペックで登場すると思われるのでしょうか。

「太陽」と「大地」を意味する名前がつけられた新型「ソルテラ」

 スバルは、2021年11月11日にSUVタイプの新型EV「ソルテラ」を世界初公開します。トヨタとの共同開発で誕生するモデルですが、どんなEVとして登場するのでしょうか。

 新型ソルテラの存在が明らかになったのは2021年5月11日です。

 スバルはこのとき新型ソルテラの車種概要として、EV専用プラットフォームe-SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用したCセグメントクラスのSUVモデルとアナウンス。2022年年央までに日本、米国・カナダ、欧州、中国などで発売すると明らかにしました。

 ちなみに車種名の意味は、ラテン語で「太陽」を意味する「SOL(ソル)」と、「大地」を意味する「TERRA(テラ)」を組み合わせた造語だということです。

 一方トヨタは、新型ソルテラのトヨタ版となる新型「bZ4X」のコンセプトモデルを2021年4月の上海モーターショー2021で世界初公開。

 その後、2021年10月29日に新型bZ4Xの詳細および日本仕様が明らかになり、市販モデル(プロトタイプ)も公開されています。

 新型bZ4Xのボディサイズは全長4690mm×全幅1860mm×全高1650mm、ホイールベースは2850mm。

 駆動用モーターの最高出力はFF仕様(1モーター)が150kW(約204馬力)、4WD仕様(2モーター)がフロント・リアともに80kWで計160kW(約218馬力)というスペックです。一充電走行距離(WLTCモード)はFF仕様が500km前後、4WD仕様が460km前後に設定されます。

 注目される点のひとつとして、4WD仕様にスバルの車両統合制御技術「X-MODE」(トヨタ車初搭載)が採用されている点が挙げられます。

「フォレスター」や「アウトバック」などスバルのSUVにも搭載されたことで知られる「X-MODE」ですが、新型bZ4Xでは新機能「Grip-Control」も追加して搭載。モーター駆動の特性を活かすことで、日常域だけでなくライトオフロード以上の走行まで対応するといいます。

 トヨタの発表に続いて間もなく世界初公開される新型ソルテラ。

 基本コンポーネンツ/スペックは近しいものになると予想されますが、新型bZ4Xに対してどのような部分が差別化されるのかも注目ポイントといえるでしょう。

 それではここでクイズです。

 新型ソルテラ/新型bZ4X以外にスバルとトヨタの共同開発で誕生したモデルのひとつとして、2021年にフルモデルチェンジしたスバル新型「BRZ」とトヨタ新型「GR86」が存在します。

 AT仕様の新型BRZと新型「GR86」には運転支援システム「アイサイト」が搭載されますが、備わっている機能として正しいものは次のうちどれでしょうか。

【1】後退時ブレーキアシスト

【2】青信号お知らせ機能

【3】ツーリングアシスト

【4】緊急時プリクラッシュステアリング

※ ※ ※

 正解は【1】の「後退時ブレーキアシスト」です。

 後退時ブレーキアシストは、後退時に衝突の可能性がある場合、段階的に注意を喚起。回避操作がない場合はエンジン出力とブレーキ制御をおこなうことで、衝突回避をサポートするという機能です。

 ちなみに、新型GR86はアイサイトが搭載された初のトヨタ車となります。

※クイズの出典元:カーデイズ