自動車メーカーのカタログラインナップには、「特別仕様車」というものが存在します。一般的にクルマが刷新される際には「フルモデルチェンジ」「マイナーチェンジ」「商品改良」などという言葉を用いていますが、「特別仕様車」はなにが違うのでしょうか。

クルマの改良パターンは色々?「特別仕様車」との違いとは?

 クルマは「フルモデルチェンジ」「マイナーチェンジ」「年次改良」など、定期的に改良されることがありま。
 
 そうした改良と「特別仕様車」はなにが違うのでしょうか。また、メーカーが特別仕様車を設定する理由はどこにあるのでしょうか。

 発売されたクルマは、定期的に改良が施され、ユーザーからのフィードバックを採り込んだり、新技術が採用されたりして、より魅力を増していきます。

 メーカーによっても呼び方や定義が異なりますが、そうした改良は、一般的に「フルモデルチェンジ」や「マイナーチェンジ」、「一部改良」「商品改良」「年次改良」などと呼ばれています。

 もっとも大きな変更であるフルモデルチェンジは、一般的には発売から6年以上経過したタイミングでおこなわれる傾向です。

 エクステリアやインテリアはもちろん、シャシやパワートレインなどクルマの根幹まで手が加えられ、クルマのあらゆる部分が一新されます。型式も変更となるため、文字通り「新型車」となります。

 マイナーチェンジは、おおよそ3年程度の周期でおこなわれ、エクステリアやインテリアのデザイン変更や、安全装備など新技術の追加、パワートレインのラインナップの追加などです。

 シャシまでは変わらないため型式変更はおこなわれず、マイナーチェンジ前のモデルを「前期型」、マイナーチェンジ後のモデルを「後期型」などと呼ぶこともあります。

 一部改良/商品改良/年次改良は、定期的におこなわれる、マイナーチェンジよりさらに細やかな改良です。

 変更点はあまり大々的にアピールされることはなく、サスペンションやエンジン出力を調整することで運動性能を改善したり、インテリアやスイッチの素材を改良したりといった微調整がおこなわれることが一般的です。

 一方で、ユーザーから見れば単なるマイナーチェンジの域を超えていることから、2020年に登場したレクサス「IS」や「LS」などは「ビッグマイナーチェンジ」などと表現される例もあります。
 
 また、改良とまた少し異なるものとして「特別仕様車」が設定されることがあります。

 特別仕様車とは、色やオプションなど、いままでカタログになかった新たな仕様が追加されたり、これまでオプションだった装備が標準装備されたりしているモデルのことを指します。

 さらに、期間や台数が限定されて発売されているため、文字通り、そのときしか買えない「特別仕様」のクルマとなっています。

 例えば、2021年6月4日に発売された、トヨタ「C-HR」の「G-T Mode-Nero Safety Plus II」という特別仕様車は、限定色として「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」という深みのあるネイビーカラーが設定されています。

 これまで、オプション選択だった特別デザインのアルミホイールやヘッドライトなども標準装備され、各種安全機能も設定されています。

 一方で、ベースとなっている「G-T」と、特別仕様である 「G-T Mode-Nero Safety Plus II」は、両車とも車両価格が271万5000円です。

 つまり、オプションで装備する必要があったものが標準装備されているにもかかわらず、車両価格が同一ということは、ベースモデルに対して非常にお買い得になっているということができます。

 特別仕様車が提供されるタイミングはメーカーによってさまざまですが、一般的にはマイナーチェンジとフルモデルチェンジを繋ぐ存在であることが多いようです。

一見“お得”な特別仕様車 メーカーが設定する理由とは

 ではなぜ、メーカーは特別仕様車を設定するのでしょうか。

 ホンダは特別仕様車の設定理由について「そのモデルの需要が多い年齢層などをターゲットに、デザインや世界観などを、より嗜好性に合わせたモデルの提案として特別仕様車を設定しています」と説明します。

 同様に、マツダも「新たな価値と魅力を提供したいという想いから、お客さまの要望や嗜好を調査し、特別仕様車として需要に応じたオプションなどを追加しています」と話します。

 このように、特別仕様車には、それまでに販売された同モデルへの反響などを考慮して、よりユーザーのニーズにあったものを提供したいというメーカーの想いが反映されているようです。

 その一方で、特別仕様車の設定にはほかにもあらゆる理由が考えられます。

 一般的に、クルマが1番多く売れるのは、新型車として販売された直後で、販売から時間が経過すると、少なからず販売台数は落ちてしまうのが実状です。

 そこで、メーカーの多くは販売台数が落ち着いてきた段階で、特別仕様車の設定をおこない、そのモデル自体の需要を喚起することを目的のひとつとしています。

 また、特別仕様車は、前述の通り、色やオプションの追加などがメインになることも多いため、大掛かりな開発や設備投資をほとんど必要とせず、比較的容易に設定することが可能です。

 そのため、売れ行きが鈍化してきたモデルの「テコ入れ」という意味合いも強いといえます。

 加えて、新規に追加した色やオプションへのユーザー反響をリサーチすることで、現状の需要を深く精査することができるというメリットもあります。

 例えば、次期モデルでカタログカラーとする予定の新色を、既存のモデルの特別仕様車としていち早く市場に投入し反響を見るといった市場調査の材料とするという役割もあるようです。

※ ※ ※

 特別仕様車は、期間や台数が限定されているのが一般的ですが、例えばトヨタ「パッソ」の特別仕様「Charm(チャーム)」は、2020年4月の発売以来、現在でも販売されています。

 このように、モデルによっては、特別仕様が事実上のカタログモデルとなることもあるようです。

 そのクルマは気に入っているけど、ちょっと物足りないという人は、特別仕様車をチェックしてみるのも良いかもしれません。