2021年11月10日にトヨタのインドネシア法人は、新型ミニバン「アバンザ」とスポーティ仕様の新型「ヴェロズ」を世界初公開しました。日本では販売されていないヒンジドア式のミニバンとはどのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ新型ミニバン「アバンザ」とは

 トヨタのインドネシア法人Toyota-Astra Motor (TAM)は、2021年11月10日に新型ミニバン「アバンザ」と、上級かつスポーティ仕様の新型「ヴェロズ」を世界初公開しました。
 
 アバンザは、インドネシア市場などで展開されるヒンジドア式のミニバンですが、新型アバンザと新型ヴェロズはどのような進化を遂げているのでしょうか。

 アバンザは、トヨタとダイハツの共同開発となる3列7人乗りのミニバンで、インドネシアで生産されています。

 2004年から2011年に初代、2011年から2021年まで2代目が販売され、今回3代目へとフルモデルチェンジ。インドネシアのほかマレーシア、フィリピンなどアセアン地域で販売されるモデルです。

 今回、新型アバンザ/新型ヴェロスは、エクステリア・インテリアのデザインを刷新したほか、走行性能、安全性能を大きく向上させています。

  新型アバンザ/新型ヴェロズのチーフエンジニアの藤林氏は次のようにコメントしています。

「2004年に登場したアバンザはエントリーMPVとして市場を開拓。2代目はスタイリングやシートを使い勝手を向上しました。

 今回の3代目となる新型アバンザは、初代のDNAを忠実に継承しつつ、車両の安定性や堅牢性を満たしながら、お客さまにはお求めやすい価格を意識したモデルです。

 一方の新型ヴェロズは、より自分らしくあることに価値を見い出し、既存のMPVのデザインでは物足りない人に2011年に誕生しました。

 新型ヴェロズでは、近年のSUVトレンドを入れつつ、コンセプトを『プレミアムクロス』として先進的なデザインとしてSUV感を強調しています。

 走りの面では、新開発のFFプラットホームとサスペンションを採用して、走る喜びを提供します。

 パワートレインは、高性能エンジンと新導入のCVTによりなめらかで最上級の走りを実現。さらに、クラストップレベルの燃費性能を誇ります。

 さらには、最新のトヨタセーフティセンスを採用することで安全面も提供しています」

※ ※ ※

 3代目となった新型アバンザと新型ヴェロズのインドネシア市場での発売時期や価格は近日明らかになるようです。