米国フォードは、2021年11月5日までラスベガスで開催されたSEMAショーのフォードブースで、「F−100エルミネーター・コンセプト」を展示しました。どのようなモデルだったのでしょうか。

電動化カスタマイズのためのアフターパーツを発売

米国フォードは、2021年11月5日までラスベガスで開催されたSEMAショーのフォードブースで、「F−100エルミネーター・コンセプト」を展示しました。どのようなモデルだったのでしょうか。

 F−100エルミネーター・コンセプトは、1978年製の「F−100ピックアップ」をベースにしたカスタム電気自動車(EV)です。2021年製の「マスタング マッハE GT パフォーマンスエディション」と共通のバッテリーパワートレインとふたつのモーターを備え、全輪を駆動します。

 モーターのトータル最高出力は480馬力、最大トルクは634lb-ft(約860Nm)を発生します。

 このモデルは、フォード・パフォーマンスが設計/制作したゼロエミッションカーで、MLeレースカーズとのコラボレーションにより生まれました。インテリアはJJR社製アルミニウム製ダッシュボードとMDM社製レザーシートが組み込まれています。

 またForgeline社製の19インチ3ピースアルミホイールに、275/45R19サイズのミシュラン・ラティチュードスポーツというハイパフォーマンスタイヤが装着されています。

※ ※ ※

 このF−100エルミネーター・コンセプトは、単なるショーモデルではないというのが特徴です。

 フォードのビークルパーソナライゼーション アクセサリー&ライセンシングのグローバルディレクター、エリック・シン氏は「フォードのオーナーは、創業以来、エクステリアの変更からパワーの増強まで、クルマをパーソナライズ、カスタマイズ、そして強化してきました。

 F−100エルミネーター・コンセプトは、お客さまのオールエレクトリック化をサポートし、フォードの伝統的なモデルであってもゼロ・エミッション性能を獲得できる、そのプレビューということです」とコメントしています。

 EVシフトが加速するなか、フォードのカーパーソナライゼーション部門とフォード・パフォーマンスパーツは、F−100エルミネーターのe-クレートモーターを、ディーラーおよびオンラインで入手できるようにしました。

 まず最初に発売するのは、281馬力・317lb-ft(約430Nm)を発生するマスタング・マッハE GT用のシングルモーターで、販売価格は3900ドル(日本円で約44万5000円)。これはビンテージカーからトラック、SUVまで、横置きエンジンを搭載するさまざまなモデルに対応し、全米50州で公道走行が可能です。

 今後フォード・パフォーマンスは、バッテリーシステムやコントローラー、トラクション・インバーターなど、エルミネーターのパワートレインを構成するさまざまなコンポーネントを大手アフターメーカーと共同で開発し、アフターマーケットにおける電動化ソリューションを充実させていく予定だといいます。

 フォードのグローバル・マーケティングディレクター、マーク・ラッシュブルック氏は「EVは楽しいクルマです。業界全体がEVへの移行に進むにつれ、モータースポーツやパフォーマンス・アフターパーツも徐々に電動化に向かっていくでしょう」とコメントしています。