ダイハツは2021年11月11日に新型MPV「セニア」をインドネシアでフルモデルチェンジ、同日発売しました。10年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

10年ぶりフルモデルチェンジで登場

 ダイハツのインドネシア法人「アストラ・ダイハツ・モーター社(ADM)」は、2021年11月11日にMPV(日本でいうミニバン)の「セニア」をインドネシアでフルモデルチェンジして、同日発売しました。セニアのフルモデルチェンジは10年ぶりとなります。

 セニアは、トヨタとの初の共同開発車として2004年に初代モデルが登場。発売からの累計販売台数は、ダイハツがインドネシアで販売するクルマとしてもっとも多い約68万台にのぼります。

 3代目となった新型セニアはボディサイズが全長4395mm×全幅1730mm×全高1700mm。ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA」によるインドネシア第2弾のクルマです。

 また、従来同様トヨタにもOEM供給されます。

 フルモデルチェンジにあたりプラットフォームを一新し、セニアとして初めてFFレイアウトを採用。

 乗車定員は7名で、室内長は160mm拡大したほか、多彩なシートアレンジを設定します。

 内外装デザインはよりスポーティな印象に仕上げたほか、2021年4月にインドネシアで発売したSUV「ロッキー」に続いて予防安全装備「スマートアシスト(現地名:Advanced Safety Assist)」を導入しました。

 搭載されるエンジンは1.3リッター自然吸気と1.5リッター自然吸気、トランスミッションはCVTもしくは5速MTです。

 インドネシア市場における新型セニアの価格1億9090万ルピアから2億4270万ルピア(約153万円から約194万円、1ルピア0.008円で計算)です。

 生産はADM(アストラ・ダイハツ・モーター)スンター車両工場でおこなわれます。