三菱は、2021年11月8日に新型「エクスパンダー」のビックマイナーチェンジをおこない、インドネシアで発表・発売しました。シリーズ上級仕様「エクスパンダークロス」も同日に改良されたといいますが、それぞれどのような改良が施されたのでしょうか。

最低地上高は最大225mmを確保

 三菱は2021年11月8日に、SUVらしいスタイリングが特徴の新型「エクスパンダー」をインドネシアで発表し、同日発売しました。現地では専用パーツ装着で、さらにSUV感を強めたシリーズ上級仕様「エクスパンダークロス」の改良モデルも発表されています。

 東南アジアを中心に販売される三菱の人気MPV(日本でいうミニバン)がフェイスリフトを受けましたが、具体的にはどのような改良を受けたのでしょうか。

 エクスパンダーは、2017年に新規車種としてインドネシアを皮切りに投入されました。

 インドネシアにおける三菱車のラインナップとして、新規投入もしくはフルモデルチェンジの順番が、二番目に新しいモデルとなります。ちなみに一番新しいモデルは「エクリプスクロス」です。

 エクスパンダーの車名について、三菱は「拡大する、進化するを意味する『expand』から命名しました」と説明。2019年には、前述のエクスパンダークロスも追加され、現在に至ります。

 今回、ビッグマイナーチェンジを受けた新型エクスパンダーは、SUVらしいスタイリングを意識して三菱車共通のフロントフェイス「ダイナミックシールド」が進化。

 なかでも、ヘッドライトやテールランプにTシェイプを取り入れてイメージを刷新したほか、LED式ライトも採用するなど(一部グレード別)、先進性も強調されています。

 なお、新型エクスパンダークロスでは新デザインのフロント/リアに変更されておらず、外観においては基本的に従来同様のものを維持しています。

 最低地上高は、エクスパンダー・エクスパンダークロスともに220mmから225mmを確保。エクスパンダーは従来より最低地上高が15mmから20mm高められ、悪路走破性を向上させたといいます。

 内装は、上級グレードにおいて水平基調のインパネにデザインを一新。ステアリングも、より使いやすいグリップサイズと形状を目指した新デザインになりました。ソフトパッドの採用で高級感も演出されています。

 トランスミッションには、従来の4速ATを改めて高効率CVTを新たに採用。アクセル高開度では多段変速のようなエンジン回転数の制御を採用した一方、アクセル低開度ではCVT特有の滑らかな変速によって低燃費と高い静粛性を実現するなど、メリハリのある制御にしています。CVTのほかに5速MTが継続採用されました。

※ ※ ※

 三菱は、グローバルにおけるコアマーケットのひとつにASEANを位置づけていますが、2021年11月4日に三菱が発表した「2021年度上半期決算」の資料において、インドネシアにおける販売好調車種のひとつにエクスパンダーを挙げるなど、人気を維持していることがうかがえます。

 インドネシアに限らず他地域でも販売されることを踏まえ、今後も注目を集める存在になりそうです。

 それではここでクイズです。

 2021年11月現在、インドネシア市場だけでなく日本市場においても、前述のエクリプスクロスはもっとも基本設計の新しい三菱車としてラインナップされています(発売日基準、軽自動車除く)。

 そんなエクリプスクロスですが、車名に含まれる「エクリプス」の由来として正しいものは、次のうちどれでしょうか。

【1】カーオーディオブランドの名称

【2】英語「crisp」からの造語

【3】かつて販売していたステーションワゴンの車名

【4】かつて販売していたスポーツカーの車名

※ ※ ※

 正解は【4】の「かつて販売していたスポーツカーの車名」です。

 三菱は、由来について「エクリプスクロスがクーペSUVであることから、1989年より米国で販売していたクーペ『エクリプス』という名前と、クロスオーバーの略である『クロス』を組み合わせました」と説明しています。

 ちなみにエクリプス(eclipse)は天文現象である「日食」の意味です。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定