2021年11月11日、ホンダのインドネシア法人が新型「BR-V」の価格を正式発表しました。インドネシアでは2022年1月に発売されるといいますが、どんな3列SUVなのでしょうか。

6年ぶり全面刷新 約2000台の先行受注を獲得

 ホンダのインドネシア法人は、2021年11月11日に新型SUV「BR-V」を2022年1月に現地で発売すると明らかにし、あわせて価格を正式発表しました。

 BR-Vは、初代モデルが2015年12月よりインドネシアを皮切りに発売された3列SUVです。

 初代モデルの累計販売台数は、インドネシアでは7万7137台、全世界では25万5000台以上にのぼります。

 そんななか今回で約6年ぶりのフルモデルチェンジとなった新型BR-Vですが、ホンダのインドネシア法人によると、2021年9月21日に世界初公開されて以降インドネシア全土で約2000台の先行受注を受け付けているということです。

 外観は、フロントグリルとLEDデイライトが連続したデザインのフロントフェイスを採用。メッキ加飾も取り入れられ、SUVらしい存在感ある顔つきとしているほか、水平基調のキャラクターラインも特徴的です。

 内装はインパネ中央に7インチのタッチスクリーンを設けるほか、2列目シート・3列目シートそれぞれに設定される充電口 、全8個のボトルホルダー、多数の収納スペースの採用などにより利便性にも配慮されています。

 上級グレードにはレザーシートを採用し、高級感ある内装を実現しました。

 搭載されるエンジンは最高出力121馬力・最大トルク145Nmを発揮する1.5リッターガソリンで、EURO4に準拠した排ガス基準に対応するほか、優れた燃費性能と動力性能を両立しています。組み合わされるトランスミッションはCVTもしくは6速MTです。

 また、予防安全装備「ホンダセンシング」を採用したほか、リモートエンジンスタート機能や降車時オートドアロック機能などの便利装備も設定されます。

 新型BR-Vのグレード展開は、「S(6速MTのみ)」「E(6速MT・CVT)」「Prestige(CVTのみ)」「Prestige with Honda Sensing(CVTのみ)」の5つが設定されます。

 価格は、「S」が2億7590ルピア(日本円換算で約221万円、1ルピア0.008円で計算)、「E(6速MT)」が2億8990万ルピア(約232万円)、「E(CVT)」が2億9990万ルピア(約240万円)、「Prestige」が3億2190万ルピア(約258万円)、「Prestige with Honda Sensing」が3億3990ルピア(約273万円)です。