トヨタの中国における合弁企業「広汽トヨタ」は、公式ウェブサイトで新型SUV「ヴェンザ」のティザー画像を公開しました。2021年11月19日に開幕する広州モーターショー2021で初披露されますが、どんなSUVとして登場するのでしょうか。

広州モーターショー2021で初披露へ

 トヨタの中国の合弁会社「広汽トヨタ」は、2021年11月15日にウェイボー(Weibo:中国のSNS)を更新。新型高級SUV「ヴェンザ」の新たなティザー動画を投稿しました。

 中国仕様の新型ヴェンザは、日本でも販売される高級SUV「ハリアー」の姉妹車として中国市場に投入されるとみられているモデルです。

 トヨタは中国において、広州汽車との合弁となる広汽トヨタと、第一汽車との合弁となる「一汽トヨタ」をそれぞれ展開しますが、新型ヴェンザは広汽トヨタが取り扱う一方、中国仕様のハリアーは一汽トヨタから発表されるなど、現地ですみ分けされるとみられます。

 今回、広汽トヨタが公開したティザー動画では、赤いボディが印象的な中国仕様の新型ヴェンザのフロントフェイスが先行公開されました。

 ハリアーと異なり、フロントグリル部の黒い加飾がなくなったデザインで、姉妹車として差別化されていることが確認できます。

 また、広汽トヨタは11月15日より以前にCピラー部やリアデザイン、センターコンソール部を映したティザー動画も公開していました。

 一文字のテールランプやインパネ造形などのデザインからは、中国仕様の新型ヴェンザとハリアーとの類似性も感じられます。

 広汽トヨタは、中国仕様の新型ヴェンザを2021年11月19日に開幕する広州モーターショーで初披露するとアナウンスしています。