米国で2022年秋に発売される日産「アリア」の予約受付が始まりました。登場する「ベンチャー+」「エボルブ+」「プレミア」「プラチナ+」の4グレードは、どのような価格と仕様なのでしょうか。

87kWhバッテリー搭載 航続距離は最大約483km

 日産の米国法人は2021年11月17日、新型クロスオーバーEV「アリア」のグレード4種の米国での仕様や価格を発表し、予約受付を開始しました。

 当初登場するグレードは「アリア・ベンチャー+ FWD」「アリア・エボルブ+ FWD」「アリア・プレミアFWD」と、4輪駆動の「アリア・プラチナ+ e-4ORCE AWD」です。

 いずれも水冷式87kWhリチウムイオンバッテリーを搭載。急速充電ポートや「プロパイロット・アシスト2.0」、無線式の「Apple CarPlay」、有線式の「Android Auto」、ラウンジのような豪華な内装、「日産セーフティシールド360」などを備えます。

 前輪駆動モデルのベンチャー+、エボルブ+、プレミアは、238hpのACシンクロナス・モーターと221ポンド・フィートのトルクを発揮します。最大航続距離は、ベンチャー+が300マイル(約483km)、エボルブ+とプレミアが285マイル(約459km)です。

 4輪駆動モデルのプラチナ+は、389hpのACシンクロナス・モーターと442ポンド・フィートのトルク、最長265マイル(約426km)の航続距離を実現しました。

 米国での価格は、ベンチャー+が4万5950ドル(約530万円)、エボルブ+が4万8950ドル(約560万円)、プレミアが5万3450ドル(約610万円)、プラチナ+が5万8950ドル(約680万円)です。

 なおプレミアは、予約プログラムに参加したユーザー限定で販売されます。専用の19インチアルミホイールやイルミネーション付き「Premiere」キックプレート、「Premiere」グレードエンブレムといった特別なアイテムを装備しています。

 新型アリアの北米での発売は2022年秋の予定です。

※ ※ ※

 新型アリアは、日産「リーフ」に続く同社のEV第2弾です。日本では海外に先行して「アリア リミテッド」として、66kWhバッテリー搭載車「B6」の2WDとe-4ORCE(4WD)、91kWhバッテリー搭載車「B9」の2WDとe-4ORCE(4WD)の4グレードそれぞれの予約受付が開始されています。

 66kWh・2WDの「リミテッド」は2021年冬にデリバリー開始。その後、他のリミテッドや標準仕様が発売される予定です。