日産が北米市場で販売するクロスオーバーSUV「ローグ」の2022年モデルに、新型の1.5リッター可変圧縮(VC)ターボエンジンを搭載します。性能はどのように進化するのでしょうか。

日本版エクストレイルこと新型「ローグ」に新ターボを搭載!

 日産の米国法人は2021年11月17日、クロスオーバーSUV「ローグ」の2022年モデルの全グレードに、新型の1.5リッター可変圧縮(VC)ターボエンジンを搭載すると発表しました。

 新型の1.5リッターVCターボ3気筒は、VCターボ技術を進化させ、加速・燃費・排出ガスの3分野での性能向上に注力。

 新開発の高圧燃料噴射システムは、ステンレス製のミラーボアシリンダーウォールコーティングと同様に、加速性能の向上に貢献しています。

 また、新しいテクスチャー・バルブリフターは摩擦を減らし、エンジン全体の効率を向上させ、真空低圧ダイキャスト・シリンダーヘッドはエンジンの冷却を改善しています。

 また、ローグの2022年モデルは、2本のロワートルクロッドを使用した新しいエンジンマウントシステムを採用し、高いトルクに対応しながらエンジンの防振性を高めています。

 新型トランスミッションとこの新型エンジンの組み合わせによりパワーも向上。2201hp(2021年モデルと比べ11%増)と225ポンド・フィート(同24%増)のトルクを発揮します。

 そして、パワーアップしたにもかかわらず燃費は改善。2021年モデルより3mpg向上し、推定燃費は33mpg(複合、約14km/L)といいます。

 ローグの2022年モデルは、北米市場で今冬に発売される予定です。