2021年11月19日に、トヨタの中国の合弁会社「広汽トヨタ」が新型高級SUV「ヴェンザ」を世界初公開しました。

独自のフロントフェイスで登場

 トヨタの中国の合弁会社「広汽トヨタ」は、2021年11月19日に開幕した広州モーターショー2021で新型高級SUV「ヴェンザ」を世界初公開しました。

 中国仕様の新型ヴェンザは、日本でも販売されているSUV「ハリアー」の姉妹車にあたるモデルです。

 トヨタは中国において、広州汽車との合弁となる広汽トヨタと、第一汽車との合弁となる「一汽トヨタ」をそれぞれ展開しますが、新型ヴェンザは広汽トヨタが取り扱う一方、中国仕様のハリアーは一汽トヨタから発表されています。

 ちなみに2021年11月現在、ヴェンザという車名は、ハリアーの北米仕様に用いられていますが、北米仕様に対して中国仕様の新型ヴェンザは独自のフロントフェイスが与えられるなど、差別化が図られています。

 ハリアー同様、新型ヴェンザはTNGAプラットフォームを採用したSUVとして登場。トヨタマークを中心にフロントフェイスの中央部分が突き出すような、斬新な顔つきが特徴的です。

 内装には調光パノラマルーフなどの快適装備が採用されるほか、防音材の積極採用や厚みのある窓ガラスを装備したことで、静粛性にも優れています。

 搭載されるパワーユニットは2リッターガソリンと2.5リッターガソリン+モーターのハイブリッドの2種類です。

 広汽トヨタは、現在中国市場で新型ヴェンザの先行予約を受け付けていると、公式ウェブサイトでアナウンスしています。