2021年11月19日、ホンダの中国での合弁会社「広汽ホンダ」は広州モーターショー2021で中国仕様の新型「オデッセイ」を初公開しました。どんな顔つきで登場したのでしょうか。

六角形グリルを装備! 顔つき刷新

 ホンダの中国での合弁会社「広汽ホンダ」は、2021年11月19日に開幕した広州モーターショー2021で、中国仕様の新型「オデッセイ」を初公開しました。

 ホンダは中国で、広州汽車との合弁である広汽ホンダと、東風汽車との合弁である「東風ホンダ」を展開しますが、中国仕様のオデッセイは広汽ホンダが取り扱う一方、その姉妹車として東風ホンダが中国仕様の「エリシオン」を取り扱っている状況です。

 今回広汽ホンダが発表した中国仕様の新型オデッセイは、フロントフェイスが刷新されています。

 従来、ロアグリル部まで伸びる縦長な大型フロントグリルを採用していましたが、これを改め、六角形のフロントグリルを新たに装備。

 フロントグリル上部のメッキ加飾がヘッドライト加飾と連続するデザインも採用され、ワイド感のある顔つきとなっています。

 フロントフェイスの変更に伴い、ボンネットフードの形状も変更されました。

 なお、日本仕様のオデッセイは2020年11月5日にフロントフェイスの刷新を含むマイナーチェンジを受けています。

 中国市場における今回の外観変更も、日本でおこなわれたフェイスリフトに準ずるものになると見られます。

 ちなみに、日本仕様のオデッセイは2021年内に生産終了する予定です。

※ ※ ※

 中国仕様の新型オデッセイ以外にも、広汽ホンダは広州モーターショー2021で新型EV「e:NP1」や新型「インテグラ」(シビック姉妹車)をはじめ、さまざまな車種を出展しています。

 広州モーターショー2021は、11月19日から同月28日までの会期で開催されます。