2021年8月に世界初公開されたトヨタ「ランドクルーザー(300系)」。では、エントリーグレード「GX」を購入するには、どのくらいの年収があれば理想的なのでしょうか。

納期は2年以上?人気の根強いトヨタ「ランドクルーザー」

 トヨタ「ランドクルーザー」といえば、本格的な悪路走行が可能なクロカンとして、世界中のユーザーの生活を支えており、また愛好家も多い人気モデルです。
 
 2021年8月に14年ぶりのフルモデルチェンジがおこなわれ、新型モデル(300系)が発売されましたが、エントリーグレード「GX 3.5L ガソリン(5人乗り)」(510万円)を購入したい場合はどのくらいの年収が理想的なのでしょうか。

 世界中が注目した新型ランドクルーザーのフルモデルチェンジ。幅広い世代のユーザーから反響があるものの、昨今の生産体制の問題もあって、納期は2021年11月現在で2年以上かかるとされています。

 そんな新型ランドクルーザーは、ガソリン仕様とディーゼル仕様あわせて計7グレードをラインナップ。

 前述のエントリーグレード「GX 3.5L ガソリン(5人乗り)」(以下GX)は510万円。一方、最高級グレードの「GR SPORT 3.3L ディーゼル(5人乗り)」は800万円となっており、約300万円の価格差があります。

 今回はトヨタの公式サイト上での見積もりをベースにGXの購入費用を見ていきます。

 ランドクルーザーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」以外のボディカラーでは追加費用はかからず、そのなかでも今回は1番人気である「グレーメタリック」を選択します。

 エアロパーツや快適装備などはとくに選択せず、もっともベーシックな「エントリーナビキット(7万1500円)」を追加します。

 ここまでで、車両本体価格510万円に加え、オプションのカーナビ価格7万1500円が追加され、517万1500円です。

 購入時にかかるものとして、自動車税種別割1万4200円、自動車税環境性能割8万3400円、自動車重量税6万1500円と、自賠責保険料の2万7770円をプラス。これに販売諸費用となる7万2990円も追加されます。

 これらを合わせると25万9860円となり、前述の車両価格などとあわせて、ランドクルーザー「GX」の購入時には543万1360円が必要となります。

540万円超のランドクルーザー 所有するには年収1000万は必須?

 では、ランドクルーザーのエントリーモデルを購入するには、年収はどのくらい必要なのでしょうか。

 一般的には、「クルマの価格は年収の50%が妥当」とされており、これを基準に考えると、ランドクルーザーのエントリーモデル購入には、およそ1100万円の年収が必要になります。

 国税庁が公表している「民間給与実態統計調査」では、2020年12月時点で、日本人全体の平均給与は467万円となっており、年収1000万円以上-1500万円以下の人は全体の約3%です。

 つまり、単純に考えると、ランドクルーザーのエントリーモデルを購入できるのは、日本人のなかの3%しかいないということになります。

 一方で、ローンを使うと実質年率5.5%で頭金なしの場合、36回払いでは約16万円、60回払いでは約10万円です。

 手取りの20%をローン返済に充てることができる場合、36回払いでは月収85万円、60回払いでは55万円が最低でも必要になるといえます。

 また、実質年率4.9%の残価設定ローンを利用すると、36回払いでは月々およそ7万円、60回払いでは6万円となります。

 前述と同様に、手取りの20%をローン返済に充てることができると考えると、月々の月収としては36回払いでは40万円、60回払いでは35万円が最低条件です。

 本来、年収1100万円以上が求められるランドクルーザーを、月々6万円から7万円ほどで購入できるのは残価設定ローンならではです。

 都内のトヨタ販売店営業担当者は、「最近では車種に限らず、残価設定ローンで購入する人が非常に増えています」とし、ランドクルーザーの残価率については以下のように話します。

「現在、ランドクルーザーの残価率は、ガソリン仕様が3年で70%、5年で56%です。

 ディーゼル仕様が3年で67%、5年で53%となっており、ガソリン仕様のほうがやや残価率が高くなっています」

※ ※ ※

 前述のように、現在のランドクルーザーの納期は最短でも2年が見込まれており、購入してから手元に届くまでには時間がかかりそうです。

 ランドクルーザー購入の際には、残価設定ローンも視野に入れつつ、早めに検討したほうが良いかもしれません。