アウディジャパンは2021年11月27日、プレミアムコンパクトカーのアウディ「A3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル、「RS3スポーツバック」およびプレミアムコンパクトセダン「RS3セダン」を発表、2022年4月下旬より発売します。

ニュル北コースのラップは7分40秒748!

アウディジャパンは2021年11月27日、プレミアムコンパクトカーのアウディ「A3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル、「RS3スポーツバック」およびプレミアムコンパクトセダン「RS3セダン」を発表、2022年4月下旬より発売します。

 新型RS3スポーツバックは第3世代、新型RS3セダンは第2世代となり、2017年以来4年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

 RSモデルはアウディのハイエンドスポーツモデルの開発を担うAudi Sport GmbH(アウディスポーツ)が手がけています。アウディスポーツは、スーパーGTなどに参戦する「R8 LMS GT3」やTCRジャパンシリーズに参戦する「RS3 LMS」といったレーシングバージョンの開発/生産も手がけ、RSモデルはレース直系といえる性能を備えています。

 新型アウディRS3は、5気筒のハイパフォーマンスエンジンを搭載する、セグメントにおいて唯一無二の存在です。この「2.5TFSI」エンジンは9年連続で「インターナショナル・エンジンオブ・ザ・イヤー」の部門賞を受賞しています。

 最新世代に進化したRS3に搭載される2.5リッター直列5気筒ターボエンジンは、最高出力400馬力・最大トルク500Nmと、先代モデルよりも20Nm増加。最高出力の発生回転数は5600rpmと先代モデルよりも引き下げられており、7000rpmまでパワーを維持します。最大トルクは2250rpmから5600rpmと、幅広い回転数で発生します。

 組み合わされるトランスミッションは7速Sトロニック(7速DCT)で、4輪を駆動するクワトロです。

 新型RS3は、アウディモデルとして初めてトルクスプリッターを標準装備しています。これはリアアクスルディファレンシャルや従来のリアアクスルマルチプレートクラッチに代わるもので、電子制御式のマルチプレートクラッチが左右のドライブシャフトに駆動力を伝達。これにより左右のリアアクスルにトルクが理想的に配分されます。

 トルクスプリッターは、より大きな負荷がかかる外側リアホイールの駆動トルクを増加させ、アンダーステアの傾向を大幅に軽減。左コーナーでは右リアに駆動トルクを配分し、右コーナーでは左リアに配分します。直進時には左右のホイールにトルクを均等に配分します。

 このテクノロジーにより、サーキットでは車両を完全にコントロールした状態でドリフト走行することが可能になりました。アウディではドリフト専用の「RSトルク リア」と呼ばれるモードを開発。このドリフトモードではトルクスプリッターのトルク配分曲線が専用のセットアップに切り替わります。

 またサーキット専用に設計した「RSパフォーマンス」モードも搭載。このモードでは、RS3に初めて工場オプション設定されるセミスリックタイヤに合わせ、エンジンとトランスミッションの設定が調整されています。これらのモードはアウディドライブセレクト、ドライビングダイナミクスシステムで選択できます。

 標準装備されるRSスポーツサスペンションには、RS3専用に新開発されたショックアブソーバーとバルブシステムが装着されています。これにより、ショックアブソーバーは伸び側/縮み側ともに敏感なレスポンスを示します。

 このサスペンションシステムは、現在のドライビングコンディションに対して迅速かつ効果的に対応することができます。道路状況や運転状況、アウディドライブセレクトで選択されたモードに合わせて、各ショックアブソーバーを連続的かつ個別に調整します。ショックアブソーバーの特性は、快適性、バランス、スポーツ性を重視した3つのモードが用意され、これまで以上に幅広い可変幅を持っています。

 スプリングおよびショックアブソーバーは、かなり硬めに設定されており、車高は「S3」比で10mm、「A3」比で25mm低くなっています。

 これらにより、0-100km/h加速はわずか3.8秒というパフォーマンスを発揮。車両開発のメイン舞台であるニュルブルクリンク北コースのラップレコードは、コンパクトクラス最速の7分40秒748を記録しています(2021年9月11日現在)。

 車両価格は、RS3スポーツバックが799万円(消費税込、以下同)、RS3セダンが818万円です。

※ ※ ※

 新型RS3導入を記念して、50台の限定モデル「RS3スポーツバック 1stエディション」を、アウディジャパン初のオンラインのみで予約販売します。

 このモデルはRS3スポーツバックをベースとしたモデルで、インテリアやエクステリアにさまざまなオプションを標準装備。さらに特別装備として5スポークYデザイン19インチホイールやRSデザインパッケージ エクステンデッドレッド、3ゾーンオートマチックコンディショナーを備えます。ボディカラーは、カタログモデルには設定のないメタリックカラーの「ケモラグレー」を採用します。

 限定モデルのオンライン限定予約は、2021年11月27日15時から12月13日10時までの期間中、アウディジャパン公式ウェブサイトにて申込みを受付、抽選により予約の権利を持つ人を決定します。抽選は12月15日におこなわれ、当選者にはメールにて案内します。

 RS3スポーツバック 1stエディションの車両価格は907万円です。