現在、もっとも売れているSUVといっても過言ではないトヨタ「ヤリスクロス」は、幅広い世代から人気を集めています。ヤリスクロスの購入にはいくらの費用がかかるのでしょうか。また、年収いくらであれば購入に手が届くのでしょうか。

1番売れてるSUV「ヤリスクロス」 初期費用はいくら?

 2020年8月31日に発売されたトヨタ「ヤリスクロス」は、「ヤリス」と同じGA-Bプラットフォームを用いたコンパクトSUVです。
 
 発売から1年が経過した現在でもその人気は高く、ホンダ「ヴェゼル」や日産「キックス」など、競合が多いコンパクトSUVのなかでもトップクラスの登録台数を誇ります。

 SNSでも、直近1か月の間に「ヤリスクロス欲しい」という人が多数見られ、発売から1年経ってもなお人気であることがうかがえます。

 そんな人気モデルのヤリスクロスですが、購入する際にはいくらの費用がかかるのでしょうか。

 1番人気とされている「HYBRID Z(E-Four)」グレードをベースに、トヨタの公式サイトのWEB見積もりを活用して初期費用を算出してみます。

 ヤリスクロスのボディカラーは15色をラインナップ。モノトーンやツートーンが設定されるなど、カラーバリエーションが豊富です。

 今回は、そのなかでも1番人気となっている「ブラックマイカ」を選択します。

 ブラックマイカは追加料金がかからないカラーとなっており、車両本体価格として281万5000円が見積もりのベースとなります。

 ヤリスクロスはエアロパーツのラインナップも豊富ですが、今回はそうした外装パーツは追加せず、必要最低限の内装パーツや機器のみを追加していくこととします。

 トヨタでは、カーナビとETCをオプションで追加することが一般的であるため、まずは「エントリーナビキット(6万9300円)」と「ETC2.0ユニット(3万4100円)」を選択。さらに、販売店で勧められることが多い「フロアマット(1万4300円)」も追加します。

 ヤリスクロスでは、エントリーグレードである「Bパッケージ」以外は、トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が標準装備されているため、今回は追加の安全機能などは追加しません。

 ここまでのオプションを追加した段階で、合計金額は293万2700円で、この金額に税金や保険料、諸費用が加算されます。

 ただ、2021年1月に登録することを想定すると、環境性能に優れたクルマに対して自動車税、自動車重量税が軽減される「エコカー減税」が適用されるため、ヤリスクロスの場合は、税金としては自動車税種別割5000円のみ加算されます。
 
 また、このほかに自賠責保険料として2万7770円、諸費用として6万1050円(保証なし)がかかります。

 これらの費用を前述の車両の価格にプラスすると、ヤリスクロスのHYBRID Zグレードを購入するためには、301万1620円が必要です。

ヤリスクロスの購入は年収620万円が妥当?

 では、初期費用として約300万円が必要なヤリスクロスですが、年収いくらあれば手が届くといえるのでしょうか。

 貯金を崩したり、ボーナスを利用したり、購入時の支払い方は人それぞれですが、単純に年収のなかから費用を捻出すると想定した場合、クルマに充てられる金額は多くても年収の50%程度でしょう。

 この場合では、ヤリスクロスの購入には、最低でも600万円の年収が求められるということになります。

 しかし、現実的に考えると、一般的なユーザーにとっては、一括で約300万円を支払うのはなかなか勇気がいることかもしれません。

 では、月々分割で支払うことができるローンの場合ではどうでしょうか。

 こちらもトヨタの公式サイトを活用して、ローンの場合の見積もりを算出します。

 サイトで提示されている実質年率8.8%の頭金なしでローンを組んだ場合、36回払いでは9万2900円、60回払いでは6万500円が毎月の支払い額です。

 家賃・食費・光熱費等の必要経費を考慮して、クルマに充てられるのが手取り月収の20%程と想定すると、36回払いでは46万4500円、60回払いでは30万2500円が月収のボーダーラインとなります。

 また、これを年収に換算すると36回払いでは約570万円、60回払いでは約380万円あれば、HYBRID Zの購入に手が届くといえます。

 一方、クルマの購入方法としては残価設定型ローンの利用も挙げられます。

 残価設定型ローンは通常のローンと異なりさまざまな条件がありますが、単純に考えると、ひと月当たりの支払額は安く抑えられる方法となっています。

 最近では利用している人も多い残価設定型ローンですが、利用した場合の支払い額はどのようになるのでしょうか。

 ローン同様に、トヨタ公式サイトのWEB見積もりでシミュレーションすると、実質年率6.8%の頭金なしの場合、月々の支払いは36回払いで5万4900円、60回払いで4万3800円となります。

 また、手取り月収の20%を支払いに充てた場合、36回払いでは27万4500円、60回払いでは21万9000円が月収として求められます。

 さらに、年収に置き換えると、36回払いでは約345万円、60回払いでは約280万円あれば、ヤリスクロスのHYBRID Zグレードが購入できるといえます。

※ ※ ※

 ヤリスクロスは、ヤリスシリーズとして、ヤリスや「GRヤリス」とともに、現在国内の登録車販売台数の1位に君臨し続けています。

 3つのモデルが合算された記録ではありますが、そのうち6割から7割程はヤリスクロスが占めているとされています。

 実質、ヤリスクロスは現在もっとも売れているSUVといえるほど、人気のモデルとなっています。