スズキは、2021年12月3日に「スペーシア」「スペーシア カスタム」「スペーシア ギア」を一部仕様変更し、2021年12月24日に販売することを発表しました。また、新たに特別仕様車「MY STYLE」も設定されています。

スズキ「スペーシア」が一部仕様変更! どこが変わった?

 スズキは、2021年12月3日に「スペーシア」「スペーシア カスタム」「スペーシア ギア」を一部仕様変更し、2021年12月24日に発売することを発表しました。また、新たに特別仕様車「MY STYLE」も設定されています。

 スペーシアは、初代モデルが2013年に登場し、標準モデルのスペーシア、スペーシアカスタムを展開。

 その後2017年にフルモデルチェンジを遂げ、2018年には、SUVテイストを加えたスペーシアギアが追加され、現在でも軽スーパーハイトワゴンのなかで人気を博しているモデルです。

 今回の一部仕様変更では、さまざまなデータの送受信を可能とする車載通信機を搭載し、新サービスであるコネクテッドサービス「スズキコネクト」に対応しました。

 スズキコネクトは、オペレーターサービスやスマートフォンアプリと連動して、事故や緊急時に消防・警察へ通報をサポートする「スズキ緊急通報(ヘルプネット)」、車両に発生したトラブル解消をオペレーターがサポートする「スズキトラブルサポート」を設定。

 さらに、遠隔でのエアコン操作などのリモート操作や駐車位置、運転履歴などの確認が可能な「スズキコネクトアプリ」などの機能がある新サービスです。

 このほか、エクステリアはスペーシア、スペーシアカスタムのフロントグリルの変更、ボディカラーはスペーシアには新たに「ライトブロンズパールメタリック」が設定されるなど、全8色12パターンをラインナップ。

 スペーシアカスタムにも「インディゴブルーメタリック2」が新たに設定され、全7色、11パターンのラインナップとなっています。

 また、スペーシアギアはアルミホイールが変更されました。

 インテリアは、スペーシアカスタム、スペーシアギアにインパネカラーパネルやシートなどのアクセント色を変更。

 ほかにも、9インチHDディスプレイのメモリーナビゲーションを「全方位モニター用カメラ」、「スズキコネクト対応通信機」とセットでの設定や、安全性能には、新たに「車線逸脱抑制機能」が採用されました(安全機能は、スペーシアHYBRID Xアップグレードパッケージ、スペーシアカスタム、スペーシアギアのみ)。

 価格(消費税込)は、スペーシアが139万4800円から165万6600円、スペーシアカスタムが166万3200円から200万6400円、スペーシアギアが172万5900円から192万2800円です。

 スペーシア 車いす移動車も仕様変更をおこない、2022年1月27日に発売予定としており、価格は158万3000円から175万4000円です(※消費税非課税)。

※ ※ ※

 さらに、スペーシアギアには新たに特別仕様車「MY STYLE」を設定。

 エクステリアには、ホワイトのサイドドアガーニッシュ、ドアハンドル、アルミホイールなどを採用。ナチュラルかつレトロな雰囲気が感じられ、アウトドアに映えるデザインとしています。

 インテリアはブラウン基調で統一されました。

 特別仕様車 スペーシア MY STYLEの価格は2WDが179万3000円、4WDが191万2900円です(※消費税込み)。