納期が長いことでも度々話題となっているスズキ「ジムニー」ですが、最上級グレードを購入するにはいくら必要なのでしょうか。

人気の軽四駆「ジムニー」 購入価格はいくら?

 高い悪路走破性をもつスズキ「ジムニー」。

 現在、納期が長いことでも度々話題となっているジムニーですが、最上級グレードを購入するにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

 1970年に初代ジムニーは、本格的なオフロード走行が可能な四輪駆動の軽自動車として誕生しました。

 その特性を活かして、山間部や積雪地などでレジャーユースからプロユースまで幅広く活用されています。

 これまでに3度のフルモデルチェンジを遂げ、現在では4代目が販売されているジムニーですが、現行型は生産量が限られていることや、需要が高騰しているなどの理由で、国産車のなかでは異例の納期の長さとなっています。

 スズキ販売店の営業担当者は、現在(2021年12月時点)の納期について「カラーやグレードによっても多少前後しますが、納車までは約10か月から1年ほどかかる見込みです」と話します。

 そんなジムニーですが、実際に購入する際にはどのくらいの費用が必要になるのでしょうか。

 今回は最上級グレードである「XC」を公式サイトで見積りした内容を元に解説していきます。

 XCは、ほかのグレードに比べて安全機能の充実や本革ステアリング、インテリアの至る部分にメッキが施されていたりと、見た目もワンランク上の仕様となっています。

 そんなXC(AT仕様)の車両本体価格が190万3000円。ボディカラーは営業担当者が1番人気だと話す「ミディアムグレー」を選択します。

 ここに、カーナビ「スタンダードプラス8インチナビ(19万3765円)」と「ETC2.0車載器(4万920円)」を追加。

 今回は外装オプション類は追加しませんが、販売店で新車購入時に勧められることが多い、「フロアマット(1万1715円)」を選択します。

 車両本体にオプションを加えた、ここまでの合計金額は214万9400円です。

 また、12月登録を想定した場合、環境性能割1万5500円、自動車重量税9900円、自賠責保険料2万7330円と、登録手続きなどの諸費用が5万5540円かかります。これらの合計は10万8270円です。

 前述した214万9400円に10万8270円を加えると、見積もりの合計は225万7670円となります。

 XCの購入には、およそ226万円ほどかかるようです。

およそ226万円のジムニー!年収はいくら必要?

 では、およそ226万円ほどのジムニーですが、余裕をもって購入するためにはどのくらいの年収が目安になるのでしょうか。

 一般的には、「クルマの価格は年収の50%」といわれますが、それに当てはめると450万円以上の年収が必要ということになります。

 国税庁が公開する2020年度の「民間給与実態統計調査」によると、年収400万円以上500万円以下の人は、全体の14.6%にあたる764万3000人です。

 この統計をもとに考えると、ジムニーを購入できる人は少なくはないといえます。

 また、ローンでの購入にすると、サイトに提示されている実質年率6.8%の頭金なしの場合では、36回払いで6万9500円、60回払いで4万4400円が月々の支払額となります。

 手取り月収のうち20%を月々の支払いに充てられるとすると、36回払いでは34万7500円、60回払いでは22万2000円が月収のボーダラインとなりそうです。

 さらに、年収に換算すると、36回払いでは約430万円、60回払いでは約280万あれば余裕を持ってジムニーが購入できるという計算になります。

 一方で、とにかく支払い総額を少なく見積もりたい人の場合は、残価設定型ローンを活用するのも良いかもしれません。

 実質年率3.9%の頭金なしで残価設定型ローンを活用すると、月々の支払いは、36回払いで4万5000円、60回払いで3万4100円となります。

 ローン同様に、手取り月収のうち20%を月々の支払いに充てられると想定すると、36回払いでは22万5000円、60回払いでは17万500円が月収として求められます。

 また、年収として考えると、36回払いの場合では約320万円、60回払いの場合では約220万円あればジムニーの購入に手が届きそうです。

 残価設定型ローンを活用すれば、年収が300万円以下でもジムニーを購入できるといえます。
 
※ ※ ※

 残価設定型ローンは、スズキでは「かえるプラン」として紹介しており、前述の通り3年もしくは5年で設定することができます。

 今後も依然として、納期が短くなる見込みのないジムニーですが、購入を検討する場合は、残価型設定ローンを確認してみるのも良いかもしれません。