マツダは2022年春に「マツダ2 ハイブリッド」を欧州市場に投入します。トヨタからOEM供給を受ける車種だといいますが、ベースは何なのでしょうか。

全幅は1700mm以上か!?

 マツダは、2022年春にトヨタから供給を受けるOEM車「マツダ2 ハイブリッド」を欧州市場に導入します。トヨタとマツダの協業成果のひとつですが、どんなクルマとして登場するのでしょうか。

 マツダ2には、これまでストロングハイブリッド仕様は設定されてきませんでしたが、今回発表された「マツダ2 ハイブリッド」は、ストロングハイブリッド(THS2)が搭載されたトヨタ「ヤリス ハイブリッド」がベースとなります。

 1.5リッター直列3気筒エンジン+モーターの組み合わせで、低燃費かつ力強いシームレスな走りを実現するということです。

 外観は、ヤリスに装着されているトヨタのエンブレム部分に、マツダのエンブレムが装着されている点が特徴となります。

 なお、マツダ2 ハイブリッドの詳細はまだ発表されていないものの、欧州仕様のヤリスは全幅が1745mmに設定されていることから、マツダ2 ハイブリッドも3ナンバー級の全幅で登場することが予想されます。

 ちなみに、マツダ製のマツダ2が現地で販売終了になることはなく、OEMモデルとあわせて併売される見込みです。

 それではここでクイズです。

 かつて、マツダ2の日本仕様に関して、マツダは日本向けに専用の車名をつけてラインナップしていました。その名前とは、次のうちどれでしょうか。

【1】ビアンテ

【2】アクセラ

【3】デミオ

【4】ベリーサ

※ ※ ※

 正解は【3】の「デミオ」です。

 マツダは、国内で1996年から2019年まで4世代にわたってデミオを販売してきましたが、2019年の改良にあわせて国内における4代目デミオの名称をマツダ2(MAZDA2)に改め、販売を開始しました。

 これと前後して、「アクセラ」は「マツダ3」、「アテンザ」は「マツダ6」に変更されています。