トヨタ「ヤリスクロス」は2020年8月に発売されたコンパクトSUVです。競合の多いSUVのなかでも人気の高いモデルですが、一体どのような特徴があるのでしょうか。

SUVのなかで人気はトップクラス!トヨタのコンパクトSUV「ヤリスクロス」とは

 2020年8月に登場したトヨタ「ヤリスクロス」は、コンパクトカーである「ヤリス」とプラットフォームを共有しており、使い勝手の良いコンパクトSUVとして人気を集めています。

 そんなヤリスクロスですが、どのような特徴があるのでしょうか。

 日本自動車販売協会連合会によると、2020年の登録車販売台数は、ヤリスや「GRヤリス」と合わせて第1位を記録しています。

 ヤリスクロス単体で見ても、ホンダ「ヴェゼル」や日産「キックス」など、競合が多いSUVカテゴリーでもトップクラスの人気ぶりで、販売から1年以上経った現在でも、SNSでは「ヤリスクロス欲しい」という人が多く見られるほどです。

 そんなヤリスクロスは、ユーティリティ性にこだわっており、全長4180mm×全幅1765mm×全高1590mmとSUVにしてはコンパクトなサイズながら、荷室の広さや使い勝手に定評があります。

 荷室容量は、コンパクトSUVトップレベルとなる390リットル。荷室高はデッキボード下段時で850mmと、高さのある荷物でも積み込みやすい大きさです。

 さらに、トヨタのコンパクトSUVとして初めて、荷室床面の高さを調節したり、荷室を6:4に左右分割したりできる「6:4分割アジャスタブルデッキボード」を採用し、多彩なレイアウトを実現しました。

 ヤリスクロスのパワートレインは、1.5リッター直列3気筒エンジンを搭載するガソリン車と、同エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車に、それぞれ2WDと4WD(E-Four)を設定。

 燃費性能(WLTCモード)は、ガソリン車で18.8km/Lから20.2km/L、ハイブリッド車で27.8km/Lから30.8km/Lとクラストップの低燃費を実現しました。

 また、4WD(ガソリン車)には、路面状況に応じた走行モードを選択できる「マルチテレインセレクト」が搭載されており、雪道やオフロードなどに対応した走行も可能です。

 このように日常での使い勝手からオフロード性能などを併せ持つヤリスクロスに対して実際のユーザーからどのような反響があるのでしょうか。

 トヨタの販売店では次のように話しています。

「ヤリスクロスは幅広いお客さまからご好評をいただいています。

 都市部などの狭い場所でもコンパクトなサイズ感のため運転がしやすいうえに、日常使いで十分な室内空間というバランスの良さが好評な部分です。

 また、燃費性能も高く、ハイブリッド車を購入されたお客さまは乗り換え前と比べて給油回数が減ったという声もありました」

※ ※ ※

 ヤリスクロスの価格は、ガソリン車がエントリーグレード「X“Bパッケージ”(2WD)」の179万8000円から「Z(4WD)」の244万1000円。ハイブリッド車が「HYBRID X(2WD)」の228万4000円から「HYBRID Z(E-Four)」の281万5000円です。

 前出の販売店では「バランスの良いコンパクトSUVが100万円台から設定されるということもあり、価格面で関心を持たれるお客さまもいます」と話しています。

 また、昨今では新型コロナ禍による生産供給の問題もあり納車が延滞することがありますが、販売店では「ホームページでも案内していますが、ガソリン車では4、5か月程度で、ハイブリッド車では半年以上の見込みです」といいます。