スバルが「WRX S4 STI performance CONCEPT」を東京オートサロン2022に出展します。さらなる「スポーティさ」と「愉しさ」を追求し、STIパフォーマンスパーツを装着したというこのコンセプトカーは、どのようなモデルなのでしょうか。

カーボンリヤスポイラーなどを特別装備

 2021年12月23日、スバルは2022年1月に開催される「東京オートサロン2022」の出展概要を発表しました。

 スバルブースでは、世界初公開の「STI E-RA CONCEPT」などとともに、「WRX S4 STI performance CONCEPT」を展示するといいます。どのようなクルマなのでしょうか。

 WRX S4は、初代モデルが2014年にデビュー。新型となる2代目は2021年11月に日本仕様が発表され、アグレッシブなスタイルが話題となっています。

 今回展示される「WRX S4 STI performance CONCEPT」は、WRX S4 STI Sport Rグレードをベースに、さらなる「スポーティさ」と「愉しさ」を追求し、STIパフォーマンスパーツを装着したコンセプトモデルといいます。

 ボディやホイールをブラックにまとめた一方で、ドアミラーやSTIパフォーマンスパーツのアンダースポイラーなどはチェリーレッドにしてアクセントに。

 さらに、カーボンリヤスポイラーやパフォーマンスマフラーを特別装備しています。

 先代のWRXは、大型リアウイングがオプション設定されていましたが、2代目はボディ形状やパーツで十分な空力性能を実現していることから、このリアウイングの設定がなくなりました。

 そのため、今回装着されるカーボンリヤスポイラーは、よりスポーティな新型WRXを求める人たちから注目を集めそうです。