トヨタが「バッテリーEV戦略に関する説明会」で展示した「bZシリーズ」の各車種を見ると、5車種中3車種がいま人気のSUVタイプとして登場しています。それぞれ、どんな特徴があるのでしょうか。

bZシリーズ最小となる「bZスモールクロスオーバー」の特徴は?

 トヨタは「バッテリーEV戦略に関する説明会」を2021年12月14日に開催し、同社のEVシリーズ「bZシリーズ」のコンセプトモデルとして、新たに4台を世界初公開しました。

 これでbZシリーズは既に発表されている「bZ4X」とあわせて全5台となりましたが、5台中3台がSUVとして登場。近年のSUV人気に応えるラインナップになっていることがわかります。

 それぞれ、どんなSUVタイプのEVとして登場するのでしょうか。

「バッテリーEV戦略に関する説明会」のなかで、トヨタはbZシリーズ以外もあわせて全16台のEVを世界初公開しました。そのなかで、唯一発表済みだったモデルが「bZ4X」です。

 bZ4Xは、2021年10月29日に日本仕様の詳細が公表されたミディアムセグメントのSUV型EVで、bZシリーズ第一弾に位置づけられます。

 スバルとの共同開発を通じて走りの実力が磨き上げられ、4WD車にはスバルの「X-MODE」技術を搭載。

 一充電走行距離は500km前後(2WD車)を確保したほか、10年が経過しても90%という世界トップレベルの電池容量維持率を目標とし、安心して長く使えるEVを目指したと説明します。

 bZ4Xは2022年年央から、日本、北米、中国、欧州など各地域に導入される予定です。

※ ※ ※

 bZシリーズのなかで、bZ4X以外にトヨタが発表したSUVタイプのEVが3モデル存在します。

 まずもっともコンパクトなモデルが「bZスモールクロスオーバー」です。前述の説明会で、トヨタの豊田章男社長は「ヨーロッパや日本を意識した小さくても快適な室内をもつバッテリーEV」と紹介。

 電費性能を高め、走行1kmあたりの必要なエネルギー量が125Whという、コンパクトSUVクラストップの電費を目指して開発されているといいます。

 外観は、小さいながらもタイヤの踏ん張り感が強調されたSUVらしさ溢れるデザインを実現。くさび形のルーフラインも採用され、欧州に投入されるガソリンエンジンの小型車「アイゴX」との共通性も感じられます。

 あわせて、クーペルックの美しいシルエットを持つミディアムクラスのSUVとなる「bZコンパクトSUV」や、bZシリーズで唯一ラージライズとなる「bZラージSUV」も公開されました。

 bZラージSUVは、3列目シートも配置可能な設計で登場する見込みです。

 トヨタが前述の説明会で発表したEVを見ると、bZシリーズ以外にも多数のSUVが存在。近年定番化しつつある、世界的なSUVニーズに応える車種構成になっているといえるでしょう。

 説明会で初公開したEVについてトヨタは、そのほとんどの車種を数年以内に投入するとしています。

 それではここでクイズです。

 bZシリーズの発表より以前にトヨタが開発した小型EVのひとつに「eQ」が存在します。このクルマのベース車はどれでしょうか。

【1】bB

【2】オーパ

【3】iQ

【4】ウィルサイファ

※ ※ ※

 正解は【3】の「iQ」です。

 iQは、2008年から2016年まで販売された全長約3mの小型車です。eQは、iQをベースに高出力のリチウムイオン電池を搭載。104Wh/kmという電費性能を実現しました。トヨタは、この電費性能について2012年8月時点で世界トップだったと説明しています。

 eQは、2012年12月以降日本と米国において、自治体や特定利用者向けに限定導入されました。