走行中にエンプティランプが点灯したら、クルマは「あとどのくらい」走るのでしょうか。国産車で微妙に違う走行距離を解説します!

運転中にヒヤヒヤ?エンプティランプが点いた状態での走行距離はどのくらい?

 クルマの運転中、燃料タンクの残量が少ないことを表すエンプティランプが点灯したことがあるという人もいるかもしれません。
 
 では、クルマはエンプティランプが点灯してからどのくらいの距離を走行できるのでしょうか。

 クルマのガソリン残量はメーターの表示で確認することができ、少なくなってきたらガソリンスタンドで給油をおこなうのが一般的です。

 なかには残量を気にしておらず、エンプティランプが点灯してしまったことがあるという人もいるかもしれません。

 エンプティランプとは「燃料残量警告灯」のことで、ガソリンタンク内の残量が一定値以下になったときに点灯する黄色い丸印、もしくはガソリンの給油機のマークのことです。

 エンプティランプが点灯すると、「早く給油しないと!」と考える人も少なくはないでしょう。

 しかし、ときには高速道路の走行中だったり、周囲になにもない田舎道を走行していたりと、近隣にガソリンスタンドがない場合もあります。

 では、エンプティランプが点灯してから、クルマはどれくらいの距離を走行できるのでしょうか。

 国産メーカーの担当者は次のように話しています。

「車種により異なるものの、エンプティランプが点いてから50kmほどは走行できるように設計されています。

 ただ、一概に50kmと決められているわけではなく、クルマの用途などによってエンプティランプが点灯する基準は異なります」

 また、ある自動車整備士は、エンプティランプについて、次のように話しています。

「エンプティランプの役割はガス欠を起こさせないための警告です。

 そのため、最低でも最寄りのガソリンスタンドまでたどり着けるような距離で点灯するようになっています。

 高速道路においては、およそ50kmの間隔でガソリンスタンドが存在することが多く、普通のクルマであればエンプティランプがついてからも、ガソリンスタンドに辿りつける距離は走行できます」

※ ※ ※

 最近のクルマのなかには、タンク内のガソリンの残量から、走行可能な距離をメーターに示してくれるモデルもあるため、かつてよりもガソリン残量に不安を持たずに走行することができそうです。
 
 そのため、エンプティランプが点灯しても焦らずに落ち着いて運転することが大切です。

N-BOX、ランクル、アルファード、GT-Rは残りどのくらい走る?

 さまざまなクルマがあるなかで、それぞれエンプティランプが点灯してからどのくらい走るのでしょうか。

 例えば、ホンダの軽自動車「N-BOX」Gグレード(2WD)のエンプティランプは、取扱説明書によるとタンク残量およそ4リットルで点灯。カタログ燃費は21.2km/Lとなり、およそ85kmほどは走行できることになります。

 ミニバンでは、トヨタ「アルファード」のSCグレード(ガソリン車/4WD)が約10リットル以下で点灯。カタログ燃費は9.6km/Lとなり、計算上ではおよそ96kmの走行が可能です。

 また、エコカーの代名詞となるトヨタ「プリウス」のAプレミアムグレード(2WD)では、残り約6.4リットルで点灯。カタログ燃費は30.8km/Lとなり、およそ197kmの走行が可能なようです。

 一方で「行きたい時に、行きたい所に行って、必ず帰ってくることができる」というコンセプトを長年にわたり継承しているトヨタ「ランドクルーザー」の取扱説明書にはタンク残量が約12リットル以下になった場合に点灯するとされています。

 ガソリン車のZXグレードで考えると、カタログ燃費が7.9km/Lであるため、エンプティランプが点灯してからは95kmほど走行可能です。

 また、日産「GT-R」では、約12リットルで点灯し、カタログ燃費は7.8km/Lとなっているため、計算上はおよそ94kmの走行が可能だといえます。

 ランドクルーザーやGT-Rは、燃費重視のクルマではないため、ほかに比べて早めにエンプティランプが点灯するようになっているようです。