独メルセデス・ベンツは2022年1月3日、電気自動車(EV)コンセプトである「ビジョンEQXX」を世界初公開しました。

Cd値0.17を達成する4ドアクーペEV

 独メルセデス・ベンツは2022年1月3日、電気自動車(EV)コンセプトである「ビジョンEQXX」を世界初公開しました。

 ビジョンEQXXは、メルセデス・ベンツのEV「EQシリーズ」に登場した新しいコンセプトモデルで、4ドアクーペスタイルのボディタイプです。全長や全幅、全高はは公表されていませんが、ホイールベースは2800mmと発表されており、フラッグシップEV「EQS」のホイールベース3210mm、ミドルサイズEV「EQE」の3120mmよりも短いことがわかります。

 その最大の特徴は高効率化。100km走行あたり10kWh以下というメルセデス・ベンツのEV史上もっとも良いエネルギー効率を実現し、1回の充電で1000km以上の航続可能距離を実現しているといいます。自社で設計/製造した画期的な新システムで、バッテリーからホイールまでの効率は95%を実現しています。

 ビジョンEQXXのバッテリーはおよそ100kWhのエネルギー容量を持ちながら、EQSに搭載したバッテリーパックよりも体積が50%小さく、さらに30%軽量化されているといいます。

 またCd値(空気抵抗係数)0.17という驚異的なエアロダイナミクスも実現。さらにボディだけでなく空力特性を最適化した超低転がり抵抗のタイヤと軽量マグネシウムホイールを搭載することで航続距離を最大化しています。またブレーキシステムもアルミ合金製の軽量ブレーキディスクを採用し、軽量化に貢献しています。

 ルーフには超薄型ソーラーパネルを採用、バッテリーシステムに給電することで最大25kmの航続距離延長を実現するといいます。

 ダイムラーAGおよびメルセデス・ベンツAGの取締役会メンバーで開発・調達担当の最高技術責任者、マーカス・シェイファー氏は以下のようにコメントします。

「ビジョンEQXXを支える技術プログラムは、将来のメルセデス・ベンツのモデルや機能を定義し、実現するものです。

 ビジョンEQXXは、メルセデス・ベンツがラグジュアリーとテクノロジーを組み合わせたブランドであることを、自動車の世界だけでなく、それ以外の世界でも証明するコンセプトカーとなります。

 そして、私たちが開発した方法は、クルマそのものと同様に革命的なものです。ビジョンEQXXは、当社のR&Dセンターの優秀なスタッフが、F1やフォーミュラEプログラムのエンジニアと協力して開発したものです。

 パワートレインがすでに高度に電動化されているモータースポーツの技術革新が、ロードカーの開発にもすぐに役立つことを証明しています。私たちは、革新的な精神と既成概念にとらわれない思考で、現在の開発プロセスに挑戦しています。これこそが真の前進なのです」