トヨタの欧州法人は、現地仕様の「ハイラックス」に新たなスポーティグレードとなる「ハイラックスGRスポーツ」を追加すると2022年1月3日に発表しました。

GRバッジ付きの六角形グリルを装着

 トヨタの欧州法人は、「ハイラックス」(欧州仕様)の新たなスポーティグレードとなる「ハイラックスGRスポーツ」を2022年1月3日に発表しました。

 日本で販売される同名の仕様(ハイラックス Z“GRスポーツ”)とは異なるオリジナルの内外装が特徴となりますが、どんなクルマなのでしょうか。

 欧州仕様のハイラックスGRスポーツは、GRバッジ付きの大型六角形フロントグリルを装着。Gパターンメッシュや「TOYOTA」表記のエンブレムが採用され、迫力あるフロントフェイスを実現しています。

 トヨタの欧州法人によると、このデザインは1980年代初頭の4代目ハイラックスのバッジをモチーフにしているということです。ちなみに日本仕様のハイラックス Z“GRスポーツ”は「TOYOTA」表記のエンブレムと台形フロントグリルが装着されます。

 内装は、フロントシートにブラックレザーと合成スエードが組み合わされたスポーツシートを装着。インパネを横切るレッド×ブラックのカーボン加飾やブルーのドアパネルイルミネーションも配され、特別感のある空間としました。

 ステアリング裏のパドルシフトやアルミ製スポーツペダルも装備されています。

 足まわりについては、新しいモノチューブ式ショックアブソーバーとフロントスプリングを採用。

 この変更により標準のハイラックスと比較して、操舵力や舵角の応答性などのハンドリング特性、直進性、乗り心地、ロール感やリアのグリップ感などが大幅に改善されました。

 搭載されるエンジンは最高出力204馬力・最大トルク500Nmを発揮する2.8リッターディーゼルエンジンで、組み合わされるトランスミッションは6速ATです。

 ボディはダブルキャブ仕様で、最大積載量は1トン。3.5トンまでのブレーキ付きトレーラーをけん引することができます。

 ハイラックスGTスポーツの欧州仕様は、現地で2022年夏に販売店に到着する予定です。