ホンダは2021年12月17日に「N-BOX」の一部改良モデルを発売しました。ACCが全車速追従型になり、あわせて特別仕様車も設定されたといいます。発売から11年目のN-BOXはどんな進化を遂げたのでしょうか。

全車速追従型ACCを初搭載

 ホンダは2021年12月17日に「N-BOX」の一部改良モデルを発売しました。あわせて、N-BOX誕生10周年を記念して新ブランド「Nスタイル+」を立ち上げ、その第一弾となる特別仕様車「N-BOXカスタム スタイル+ ブラック」も新設定しています。

 N-BOXはこれまでどのような歴史を歩み、発売11年目でどのような進化を遂げたのでしょうか。

 N-BOXは、ホンダの軽自動車シリーズ「Nシリーズ」の第一弾として2011年12月に初代モデルが登場。

 ホンダ初の軽スーパーハイトワゴンとして人気を獲得し、発売翌年の2012年(暦年、以下同様)には軽四輪車販売台数ランキングで2位、2013年には首位を獲得。

 2017年9月には2代目へフルモデルチェンジしたほか、同年に登録車も含めた年間四輪車販売台数で首位を獲得。ホンダを代表する人気モデルという立ち位置を確立しました。

 ちなみに、N-BOXとして年間販売台数がもっとも多かったのは2019年の25万3500台です。また2代目として年間軽四輪車販売台数ランキングで2位以下になったことはありません。

 ちなみに、2021年の軽自動車販売台数ランキングの上位15車種のなかには、同社の軽トールワゴン「N-WGN」(12位、5万728台)などもランクイン。ホンダは2021年現在4車種をNシリーズとして展開しています。

 それではここでクイズです。

 ホンダのNシリーズとして、これまで発売されていないモデルは次のうちどれでしょうか。

【1】N-BOX/(スラッシュ)

【2】N-ONE

【3】N-VAN

【4】N-WGN+(プラス)

※ ※ ※

 正解は【4】の「N-WGN+」です。

「N-ONE」と「N-VAN」はどちらも2022年時点で現行のNシリーズとして取り扱われているモデルで、N-ONEが軽乗用車、N-VANが軽商用車扱いとなります。

「N-BOX/」は初代N-BOXの派生車として2014年12月から2020年2月まで販売されたモデルです。

 そして「N-WGN+」は実在しないものの、似た名前のモデルとして初代N-BOXのラゲッジフロアを傾斜させた「N-BOX+」が2012年7月から2017年8月まで展開されていました。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定