毎年1月に開催されるカスタムカーの祭典「東京オートサロン」。2022年の今回、マツダ「コスモスポーツ」を現代に蘇らせたような「COSMO VISION」をとある自動車専門学校が実車展示します。どのようなカスタムカーなのでしょうか。

COSMO VISIONが東京オートサロン2022で実車展示!

 1967年にマツダが発売した2シータークーペの「コスモスポーツ」。
 
 現在でも多くのファンが存在しますが、とある自動車専門学校の学生達が現代風にアレンジした「COSMO VISION」というカスタムカーを製作し、実車を東京オートサロン2022にて展示します。

 コスモスポーツは、ロータリーエンジンを搭載した世界で初めての量産車となり、 ロータリーエンジン自体は欧州メーカーなどが研究開発を続けてきましたが、量産車として発売をしたのはマツダが初めてとなります。

 コスモスポーツは、流線美が特徴的なエクステリアデザインを採用しており、美しいクーペスタイルという点でも人気は高いモデルです。

 今回、東京オートサロン2022にて実車展示されるCOSMO VISIONはこのコスモスポーツを現代風にリ・デザインしたカスタムカーだといいます。

 製作したのは、千葉県にある自動車専門学校の日本自動車大学校(略称NATS)の学生達です。

 元々、このCOSMO VISIONは東京オートサロン2021のNATSブースに展示される予定だったといいます。

 しかし、新型コロナウイルスの影響により、2021年のリアルイベントは中止となり、オンラインのみの開催となっていました。

 そのため、学生達が製作したCOSMO VISIONの実車展示の場も無くなっていましたが、1年越しの東京オートサロン2022にて再度お披露目されるようです。

 COSMO VISIONのカスタムベースは、マツダ「ロードスター(ND型/2015年式)」です。

 エクステリアは現代風のコスモスポーツになっていますが、インテリアは、BRIDE製シートやNARDI製ステアリングを装着。

 足回りにはレイズ製17インチアルミホイールにトーヨータイヤ製「プロクセス R888R」(235/45R17)を採用など、走りを意識した装備となっています。

 ベースとなるロードスターと同じ1.5リッター直列4気筒エンジンを搭載し、吸気系にBLITZ製エアクリーナー、排気系にKUHL製マフラーを装着。

 さらに、AirForce製のエアサスペンション(走行車高復帰機能付き)が採用されています。

 COSMO VISIONを制作した学生はかつての取材で次のように説明していました。

「現行ロードスターで昔のコスモスポーツを今風に作ろうということで流行っている太いタイヤやホイール、エアサスなどを付けたい想い制作しました。

 COSMO VISIONのヘッドライトは、フォルクスワーゲン『ニュービートル』のものを流用しているほか、グリル、バンパー、メタル調の部分はマツダ『CX-5』のものを流用しています。

 また、ウインカーはホンダ『インサイト』のものを合わせるように装着しました」

※ ※ ※

 NATSは、例年東京オートサロンに学生達の製作したカスタムカーを展示しています。

 これらのカスタムカーは、ほぼ車検取得を前提に製作されており、一部の車種ではレンタカーとして借りることも出来るようです。

 現代風に蘇ったCOSMO VISIONは、東京オートサロン2022のNATSブースに展示されます。