トヨタは2022年1月13日、ミニバン「VOXY(ヴォクシー)」をフルモデルチェンジ、販売を開始しました。

新世代1.8リッターハイブリッドと2リッターガソリンの2種類

 トヨタは2022年1月13日、ミニバン「VOXY(ヴォクシー)」をフルモデルチェンジ、販売を開始しました。

 ヴォクシーは2001年11月に登場したミニバンで、今回登場する新型で4代目となります。

 クルマの骨格となるプラットフォームにTNGAプラットフォーム(GA-C)を採用、初代から受け継ぐパッケージングと使い勝手の良さといったうれしさをいっそう深化させるとともに、最新の先進装備を採用することでミニバンとしての魅力をさらに追求。ヴォクシーは「先鋭・独創」をキーワードとして特長をより際立たせた世界観でデザインされています。

 室内はボディ骨格の最適化により、左右のCピラー間距離1295mm(従来型比プラス75mm)を実現。室内高1495mmとあいまって開放感有る空間を創出しています。

 7人乗り仕様車のセカンドシートにはキャプテンシートを採用。クラス初となるオットマン機能とシートヒーターに加え、折りたたみ大型サイドテーブルなどを装備。シートを一旦横にスライドさせることなく、ストレート超ロングスライド(スライド量745mm)を実現しています。

 また8人乗り仕様車のセカンドシートには、3人がけベンチシートタイプの6:4分割チップアップシートを採用。7人乗り仕様車と同様に超ロングスライド(スライド量705mm)を実現しました。

 パワースライドドア装着車には「ユニバーサルステップ」(助手席側)を設定。これはパワースライドドア開閉と合わせて機械的にドア下部からステップを展開・格納するもので、ステップ高を200mmとすることで、家族みんなに優しい乗降性を提供しています。

 バックドア開閉時、任意の角度で保持できる世界初の「フリーストップバックドア」も採用しています。これはバックドアを押すことで、任意の角度で停止可能とするもので、車両後方にスペースがない場合でもバックドアからの荷物の出し入れが容易にできます。

 また機能向上した最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を搭載、対応する事故形態をいっそう拡大しています。

 パワートレインは2種類。1.8リッター直列4気筒エンジンを採用した新世代ハイブリッドシステムは、すべての電動モジュールを刷新、クラストップレベルのWLTCモード燃費23.4km/Lを実現しています。また4WD車は新型E-Fourを採用。コーナリング中の前後輪トルク配分を最適に制御し、操縦安定性を高めたほか、後輪のトルクを上げたことで荒天時における登坂発進時の安心感も向上しています。

 またガソリン車は2リッターダイナミックフォースエンジン+ダイレクトシフトCVTを組み合わせ、力強い走りと優れた燃費性能を両立。WLTCモード燃費は15.1km/Lを実現しています。

 新型ヴォクシーの月販目標台数は5400台/月です。

 車両価格(消費税込)は、2リッターガソリン+CVTが309万円(S-G、2WD)から358万8000円(S-Z、4WD)、ハイブリッドが344万円(S-G、2WD)から396万円(S-Z、E-Four)です。