2022年1月13日に、4代目となるトヨタ新型「ノア」と新型「ヴォクシー」が発表されました。すでに定番の人気ミニバンだったノア/ヴォクシーですが、新型ではデザインを一新し、さらに押し出し感を強調。そこで、新型ノア/ヴォクシーを含め、最新のオラオラ系モデルを3車種ピックアップして紹介します。

トヨタ新型「ノア/ヴォクシー」とともにギラギラフェイスのクルマを紹介!

 トヨタは2022年1月13日に、8年ぶりのフルモデルチェンジとなるミドルサイズミニバン、新型「ノア」と新型「ヴォクシー」を発表・発売しました。

 2001年11月にデビューした初代ノア/ヴォクシーはミニバンとしての使いやすさを追求。ファミリー層を中心としたユーザーに人気を博し、今回発表された新型は4代目となります。

 新型ノア/ヴォクシーの外観において特徴的なのがフロントフェイスで、近年のトレンドを反映したような大きなフロントグリルで押し出し感を強調し、いわゆる「オラオラ系」の顔は、さらに迫力が増した印象です。

 同様なオラオラ系の顔は、近年ではミニバンや軽トールワゴン/ハイトワゴンで多く見られ、幅広い層から支持されています。

 そこで、新型ノア/ヴォクシーを含め、最新のオラオラ系モデルを3車種ピックアップして紹介します。

●トヨタ新型「ノア/ヴォクシー」

 4代目となる新型ノア/ヴォクシーは、「より快適に」「より便利に」「より安心」なミニバンへと進化しました。

 外観デザインは、歴代モデルで追求してきた室内空間の最大化と「箱」らしさを追求しています。

 新型ノアは「堂々・モダン・上質」、ヴォクシーは「王道・アグレッシブ」をキーワードに、個性的な3つの世界観をデザインしています。

 新型ノアはシンプルながら細部まで作り込み、上質かつロングラスティングなスタイルを追求。

 標準モデルとカスタム仕様がラインナップされ、エアロモデルの「S-Z/G-G」グレードはメッキグリルによって華やかで強い押し出し感を演出したフロントと、ワイド&ロースタンスのリアまわりとで、エアロモデルらしいアグレッシブさを表現しています。

 新型ヴォクシーは、先鋭かつ独創的なスタイルを追求。フロントは丸みを帯びた薄型アッパー部と分厚くスクエアなロア部の組合せによる、コントラストの強い立体構成と個性的なグラフィックを実現しました。

 内装は、ブラックアウトしたスリムなフロントピラーや、水平基のインパネ、アシストグリップやエアコン吹き出し口などを機能的に配置し、すっきりとした見晴らしの良い視界を確保しました。

 7人乗り仕様の2列目シートはキャプテンシートを採用し、クラス初となるオットマン機構とシートヒーターに加え、折り畳み式大型サイドテーブルなどを装備。

 8人乗り仕様の2列目シートには、3人掛けベンチシートタイプの6:4分割チップアップシートを採用し、スライド量705mmと超ロングスライドを実現しました。

 パワースライドドア装着車では、キーを携帯してフロントドア下部に足を出し入れすることでスライドドアが開閉する「ハンズフリーデュアルパワースライドドア」(パッケージオプション)も設定しています。

 また、世界初の機能として、バックドアの開閉時に任意の角度で保持できる「フリーストップバックドア」を採用。車両後方にスペースがない場合でもバックドアから容易に荷物を出し入れできるなど、使い勝手の向上が図られています。

 パワーユニットは1.8リッター直列エンジン+モーターの新世代ハイブリッドシステムと、2リッター直列4気筒「ダイナミックフォースエンジン」をラインナップし、ハイブリッド車はクラストップレベルの23.4km/L(WLTCモード)という低燃費を達成しました。

 新型ノア/ヴォクシーは安全装備も充実しており、機能向上した最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を搭載し、さらにトヨタ車では初の安全装備も満載です。

 価格(消費税込)は、新型ノアのガソリン車が267万円から351万8000円、ハイブリッド車が305万円から389万円。新型ヴォクシーはガソリン車が309万円から358万8000円、ハイブリッド車が396万円です。

 なお、ハイブリッド車は2022年1月下旬より生産が開始されるとアナウンスされています。

●スズキ「スペーシアカスタム」

 現在、スズキのモデルでトップセールスを記録しているのは軽ハイトワゴンの「スペーシア」です。2021年暦年の販売台数(全国軽自動車協会連合会調べ)は12万8881台と、ホンダ「N-BOX」に続く2位を記録しました。

 現行モデルのスペーシアは2017年12月に発売された2代目で、同時にカスタム仕様の「スペーシアカスタム」も2代目に刷新されました。

 さらに、2021年12月には一部改良がおこなわれ、スペーシアカスタムでは大型のフロントグリルのデザインを変更。「ミニアルファード」と呼べそうなほど、オラオラ顔がさらにブラッシュアップされました。

 スペーシアカスタムのボディは基本的にスペーシアと同一ですが、フロントセクションが専用で、リアまわりのデザインも差別化されています。

 とくに、フロントフェイスは前述のとおり大型のフロントグリルを含めメッキ加飾を多用し、さらにヘッドライトユニットの形状も精悍な印象です。

 内装はブラックとシルバーを基調にしたシックなコーディネートで、シートも上位グレードにレザー調表皮とシルバーのステッチを採用することで、上質感を演出。

 一方、豊富な収納スペースや多彩なシートアレンジ、USB電源ソケットを前後に3か所設けるなど、優れたユーティリティはスペーシアと変わりません。

 パワーユニットは最高出力52馬力の660cc直列3気筒自然吸気エンジンと、最高出力64馬力の同ターボエンジンを設定。ターボエンジンはスペーシアカスタム専用で、全車マイルドハイブリッド仕様です。

 激戦の軽ハイトワゴン市場のなかにあって、デザイン面でスペーシアカスタムの存在感はかなり高いといえるでしょう。

 スペーシアカスタムの価格は166万3200円から。全グレードとも4WDもラインナップされています。

●三菱「デリカ D:5」

 現行モデルのミニバンで、唯一無二の存在なのが三菱「デリカ D:5」です。

 2007年1月にデビューしたデリカ D:5は「デリカ スペースギア」の後継車で、本格的なオフロード走行を可能にし、アウトドア派のファミリー層から絶大な人気を獲得しました。

 そして、さらなるユーザーの獲得とミニバンとしての機能性向上を目的に、誕生から12年を経過した2019年2月に、大幅な改良をともなうマイナーチェンジを実施。

 外観デザインでは、フロントフェイスに三菱のデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を採用して全面刷新し、さらに、都会的なデザインコンセプトの「デリカ D:5 アーバンギア」が追加されました。

 同時に内装の質感の向上と、足まわりとパワーステアリング機構の変更によって乗り心地とハンドリングが大きく改善され、最新の安全運転支援システムを搭載するなど、走りのポテンシャルと安全性が飛躍的にアップしました。

 マイナーチェンジ後もガソリン車のみ従来のデザインのまま併売されましたが2019年10月に廃止され、現行モデルでは最高出力145馬力の2.2リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジン車に一本化されました。

 トランスミッションは8速ATのみで、全グレードとも3つの走行モードが選択できる4WDシステムを搭載し、さまざまな路面状況でも優れた走破性を発揮します。

 デリカ D:5は誕生から15年となる同社では異例のロングセラーですが、現在も好調なセールスを記録しています。

 価格は391万3800円からです。

※ ※ ※

 新型ノア/ヴォクシーに先駆けて、2022年1月7日にライバルであるホンダ新型「ステップワゴン」も発表されました。

 ステップワゴンは従来のカスタム仕様「スパーダ」に加え、標準仕様に準ずる「エアー」がラインナップされたことが大きなトピックスですが、このエアーは流行に反してかなりシンプルなデザインをあえて採用しています。

 これが吉と出るか凶と出るか、今後のミニバン市場の動向に注目が集まりそうです。