三菱自動車は2022年1月14日、千葉・幕張メッセで1月16日まで開催されている「東京オートサロン2022」において、コンセプトカー「K-EVコンセプト Xスタイル」を世界初披露しました。

パッと見は「eKクロス」のように見えるK-EVコンセプトだが……

 三菱自動車は、2022年度初頭に軽自動車EV(電気自動車)の新型を発売する予定ですが、どうやら専用ボディではなく既存のモデルをEVにコンバージョンしたタイプとなるようです。

 何を隠そう、東京オートサロン2022に出展された「K-EV concept X Style(ケーEVコンセプト クロススタイル」はまさにその新型EVそのもの。

 パッと見たところはすでに販売している「eKクロス」のように見えるスタイリングですが、じつは今後発売予定の新型電気自動車なのです。

 今回の東京オートサロンでの展示はコンセプトモデルとして“発売前のチラ見せ”といっていいでしょう。実際には“チラ”ではなく、実車の試作車両そのものですが……。

 とはいえ、eKクロスに似ているとはいっても、スタイリングにはいくつかの変更点があります。

 フロントを見ると、グリルはガソリン車のeKクロスがメッシュなのに対して、展示しているEVモデルは板を張ってグリルを閉じたようなデザイン。フロントグリルから風を取り込む必要がないEVは、空気抵抗の軽減のためにグリルをふさぐのが一般的で、この新型軽EVもそうなっているというわけです。

 また、バンパー下部の意匠も専用。eKクロスでは丸形としているフォグランプが四角くなり、それにあわせて周辺のパネルも専用になっています。

 よく見ると、バンパー下部中央がアンダーガード風の仕立てになっているのもeKクロスにはないアクセントですね。

 またフロントフェンダーとテールゲートにEVを示すバッジが付くほか、ホイールも専用デザイン。展示車両のタイヤはプレミアムなブリヂストン「レグノGR-Leggera」を履いていましたが、これは参考展示仕様で市販版とは異なるようです。

まもなく発売される軽自動車EVそのものが「K-EVコンセプト」

 そして、ガソリン車と大きく異なるのが充電口の存在です。

 ガソリン車は助手席側Cピラー下に給油口が備わりますが、このEVモデルでは反対となる運転関側Cピラー下に充電口を装着しています。

 ガソリン車よりもひと回り大きなリッドが用意され、開けると急速充電と普通充電のふたつのリッドが確認できました。

「この車両は、見た目だけをEV仕様としただけで、じつは中身はガソリン車ではないのか?」

 そんな疑いを持ちながら車両をチェックしてみたのですが、そうではありませんでした。床下を覗くと、バッテリーを積んでいるのが確認できたからです。

 一方でインテリアは、濃いスモークが貼られていて撮影できません。ただ、会場で流れている動画にわずかに映る内装を見ると、ナビ画面がガソリン車よりもひとまわり大きくなっているように思えます。

 もしかすると、新型アウトランダーPHEVと同じ部品が装着されているのかもしれません。

「取り回しがよく運転しやすい軽自動車の魅力と、滑らかで力強く気持ちのよい加速と静かで上質な乗り心地という電気自動車の魅力に、先進の運転支援機能やコネクティッド機能を加えた、環境に配慮した安心・安全で快適な三菱自動車らしい新世代の軽EVとしています。」

 三菱自動車は新型EVについてそう説明します。

 東京オートサロン2022に展示されているK-EV concept X Styleは、ラッピングやタイヤ銘柄などショー展示用の演出を除けば、もうすぐ市販される軽自動車EVそのものといっていいでしょう。