トヨタ車やレクサス車のアフターパーツなどの開発・販売をおこなうトムスは、新たに手がけたコンプリートカー3台を東京オートサロン2022で発表しました。どういったクルマが登場するのでしょうか。

トムスのコンプリートカー3台が東京オートサロン2022に登場!

 トヨタ車やレクサス車のアフターパーツなどの開発・販売をおこなうトムスは、新たに手がけたコンプリートカー3台を東京オートサロン2022で発表しました。

 今回のオートサロンには、「クルマを、楽しむ」をテーマに開発された「トムス GR86ターボ」が登場。

 外観は空力性能をアップさせるディフューザーや前後にオーバーフェンダーが装備され、ワイドボディを演出。

 エンジンには、トムス専用のターボキットが装着され、最高出力300馬力を発揮します。

 足回りには強化したブレーキや車高調整式スポーツサスペンションなどが搭載され、このほかターボの有無、ベースグレードを変更するなどカスタマイズも可能となっています。

 またツーリングモデルとして「トムス スープラツアラー」も登場。

  フラッグシップモデル「トムス スープラ」のスポーツ性能を保ちつつ、パワーやシャシー特性のセットアップが見直され、長距離ドライブにも最適な1台となっています。

 外観は、ドライカーボンのディフューザーや、1950mmのワイドボディで国産車の枠を超えたスタイリングを実現。

 エンジンは最高出力420馬力へとパワーアップしており、チューニング車特有のピーキーさを排除し、乗り手を疲れさせないパワー特性を可能としています。

 このほか、トップレーシングドライバー中島一貴氏がレクサス「GS」がエアロデザインや全体コンセプトをプロデュースした「トムス GS F produced by Kazuki Nakajima」も登場し、計3台がお披露目されます。

 この3台は、同年2月中旬頃に注文受付を開始するといいます。

 価格は、トムスGR86ターボは、488万3000円から680万7000円、トムススープラツアラーは1166万円(予価)、トムスGS Fは832万7000円(予価)です。

 納車はトムスGR86ターボは同年夏頃、そのほか2台は注文後数ヶ月を予定しています。